渡辺美奈代ママのエロ過ぎ“三者面談コーデ”に呆れ声「恥ずかしい女…」

(C)WAYHOME studio / Shutterstock 

元『おニャン子クラブ』でタレントの渡辺美奈代が7月25日、自身のインスタグラムを更新。愛息子の学校で行われる三者面談へ行く際のコーディネートを紹介したのだが、あまりの〝場違い感〟にネット上では「自分の母親だったら恥ずかし過ぎる」「こういう若作り系にだけはなりたくない」などと、呆れ声が続出してしまった。

日頃、息子のために作っている彩りと栄養バランスの良いお弁当で話題沸騰中の渡辺。今回は息子の学校で行われるという三者面談に向かったようで、〝キメのコーディネート〟を紹介した。《ドキドキの三者面談 行って来まーすっ》というコメントとともに、淡いピンク色のノースリーブワンピースを着用した写真を公開。髪は明るい茶髪でボリューミーに巻かれており、華やかな印象だ。今年50歳を迎える渡辺だが、ストッキングなしの〝生足〟にも見え、圧巻のプロポーションを披露した。

この投稿に、ファンからは、

《本当に絵になってて素敵です》
《ワンピースのカラーも淡い色で素敵》
《こんな素敵な格好で生足で来られたら先生がドキドキです》

などと、渡辺の〝キュート&セクシー〟な姿に称賛のコメントが多く寄せられた。

 

永遠のアイドル(頭の中が)

しかし、ネット掲示板では、三者面談には不適切な格好であるとして、

《え、こんな格好で行くの??》
《三者面談に 普通そんな格好で行く人いないけど》
《痛いなぁ。自分の母親だったら恥ずかし過ぎる》
《こういう若作り系にだけはなりたくない》
《学校側は、母親に来てほしいのであって、女に来てほしいわけではない。TPOを知りましょう》
《先生、職員室で「今日も服装すごかった」って他の先生に言ってそう》

などと、まさに渡辺と同世代と思われる女性たちからの厳しい指摘が相次いだ。

「渡辺さんは自身のライブでも、今もミニスカートのぶりぶりのアイドル衣装で出演しています。ライブに関してはそれを期待しているファンがいるので良いのですが、私生活でも膝上丈のミニスカートをはき続けているため、今ではすっかり〝イタイ〟人という印象に。ファンが『美奈代ちゃんかわいい!』『20代に見える!』などと褒めるので、本人も一般的な感覚がよく分からないのかもしれません。結果、三者面談という身を引き締めるべき場で、淡いピンク色の膝上・ノースリーブワンピースに生足という〝若作りモンスター〟に変身してしまいました」(芸能ライター)

先生が元『おニャン子』のファンならば、こんなにうれしい〝サービス〟は感動ものに違いない。

 

【画像】

WAYHOME studio / Shutterstock

【あわせて読みたい】