総観客動員数80万名以上という優良コンテンツ「夏の甲子園」に潜む闇

一方で、世の中には我が子を投資対象と考え、小中硬式野球に半端ではない額の資金を投じ、を回収しないと損、あるいは回収するのが当たり前と考える親がいるのも事実だ。今大会でノーマークながら勝ち進んだ某高には、関西出身者が数名おり、彼らの先輩は関西の一流私大に進学している。その後輩が将来の大学進学も見据えて野球留学したのは想像に難くない。

芸は身を助く。掛かるはずの教育資金のいくらかは、野球の実力がまかなっているのである。