芳根京子と三浦春馬の“仲”に女性ファン激怒「距離感近過ぎる!」

芳根京子

(C)まいじつ

ドラマ『TWO WEEKS』(フジテレビ系)でヒロイン役を演じる芳根京子が、「三浦春馬に媚びを売り過ぎだ」と女性視聴者からひんしゅくを買っている。

NHKの連続テレビ小説『べっぴんさん』(2016年)でヒロインを演じ、人気女優の仲間入りを果たした芳根。7月29日放送の『ネプリーグ』(フジテレビ系)に、同ドラマで共演する三浦、高嶋政伸とともにゲスト出演し、堀内健、名倉潤とチームを組んで常識問題に挑んだ。

 

「こんなにうるさい女優 なかなかいない」

三浦の左隣に位置した芳根は、番組冒頭から誤答を連発。「確かでなく、ぼんやりと覚えていること(うろ覚え)」を「うら覚え」、「背骨のある動物(脊椎動物)」を「にんげん動物」と書き間違え。さらに解答までの制限時間が迫る中、芳根は「待って待って! 分かんない!」と絶叫しながら足をばたつかせパニックに陥る姿がたびたび見られた。

これに視聴者は呆れたよう。芳根が誤答を連発したことに加え、混乱して発狂する芳根に「うるさい」と批判の声を浴びせた。

《さすがに脊椎動物とサイは投げられたは知ってないとヤバイでしょ…》
《ちょっと酷過ぎやしないかい。朝ドラのときの清楚なイメージが》
《こんなにうるさい女優さんってなかなかおれへん気がする》
《結構うるさいね。頭悪いし。しゃべらない方が賢く見える》

また、この日はチームのメンバーが正解を出すたびに三浦に目線をやり、スキンシップを取る場面も見られた。これに、一部の女性視聴者から、

《三浦春馬に媚び売り過ぎじゃね!! 話しかけ過ぎ!! スキンシップ多過ぎ!!》
《今夜は三浦春馬くんを見てたいだからお願い!! 芳根京子静かにしてよ》
《三浦春馬くんと芳根京子ちゃん距離感近いよね》
《あれは三浦春馬好きだよね 好きでもあれはやり過ぎ引くわ》

などといった声が上がることに。

三浦春馬ファンも嫉妬で発狂していたようだ。

 

【あわせて読みたい】