Kōki,“16歳の素顔ショット”に後悔の声「こんな感じで良かったのに…」

Kōki, 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

木村拓哉と工藤静香の次女でモデルのKōki,が、7月30日にインスタグラムを更新。着飾ったいつもとは違う写真に絶賛の声が集まった。

この日のKōki,は英文で、《道中ではいつもミルクソフトクリームをゲットします》とコメント。黒のキャップに白のTシャツ姿で両手にソフトクリームを持った笑顔のショットや、サービスエリアの駐車場でソフトクリームを舐める動画をアップした。

16歳の女子高生らしい無邪気な姿に、ファンからは、

《ソフトクリームが似合う。カワイイ!》
《撮られて照れ笑いする姿もかわいい!》
《Kōki,ちゃんのインスタ、時々普通の女の子の日常みたいな写真が挟まるから好き》
《カメラに気付いてニコってするの癒やされる》

などといった声が上がった。

 

これはママの戦略ミス

さらに、いつもはKōki,に厳しいネット掲示板でも、

《こういう年相応の格好の方がかわいいよ》
《髪の毛汚いの静香そっくりだけど。こういう普通の写真の方が断然いいよ》
《帽子似合ってる。シャネルよりこんな感じがこの子には合ってる》
《変に加工しまくってモデルとかするより、こっちの方がいいと思う! 年相応でかわいいじゃん》

など、好意的な声が多い。さらに、

《この人、ゴリ押さず、王様のブランチのリポーターあたりから始めれば良かったのに》
《無理せずこの路線でセブンティーンから始めれば成功してたかもしれない》
《まだ16だもん。CHANELよりソフトクリームが合ってて当然だわ。ママが変な方向に持ってき過ぎなんだわ》

など、売り出し方がおかしいといった声が出てきた。

『ELLE japon』の表紙モデルでデビューして以来、シャネルのアンバサダー就任に数々のファッション誌で表紙を飾るなど、ゴージャス路線一直線だったKōki,。しかし、何も実績がないうちから大仕事ばかりすることに、ネット上では「過大評価」「優遇され過ぎ」「世界的ブランドのモデルに体型もオーラもふさわしくない」など批判が続出。アンチが増え続けていた。

果たして、Kōki,本人は、どっちの路線でいきたいのだろうか。

 

【あわせて読みたい】