工藤静香の“夏ファッション”にドン引き…「それ絶対臭いしダサい」

工藤静香 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

歌手の工藤静香がインスタグラム投稿した写真が話題になっている。

6月に開幕したコンサートツアーの千秋楽を、去る7月28日に迎えた工藤。この日、インスタグラムのストーリー機能を使って《岐阜ラストのpop in 皆さまのおかげで無事に終了しました》と報告しつつ、笑顔を浮かべる自身の写真を投稿。《今日も素晴らしいスタンディングオベーションありがとうございました》とコメントを残した。

さらに工藤は、同じ写真をアップにして載せ、《そして工藤静香の歌を聴きに来てくださった1万人の皆様、心から感謝いたします》《本当にありがとうございました》とファンへのお礼を述べた。

この投稿にネット上では「何で同じ写真を2枚もアップにして投稿するんだろう」などと、首を傾げる声が続出した。

 

さすが二科展常連のセンス!

だが、工藤はその前にも〝謎のセンス〟を発揮している。7月21日付のインスタに、《私は夏でもウェスタンブーツは履きます 足が冷えなくていいのよ!》 とつづり、ブーツを履いてポーズを取る写真をアップ。同時に自慢のブーツについて、《このウェスタンブーツは19年前の物です。19年前にファンクラブの会報に大きなお腹と一緒に載せた遠い記憶が、、、、》と、長女妊娠中の思い出の品だと明かした。

ファンからは「本当に、いつも素敵な笑顔でキレイです」「ブーツとってもステキだよ~ん」「めちゃかわいいです」「生足でいけるなんてうらやましい」など、温かい声が送られていたが、匿名掲示板では、

《臭そう》
《見てるこっちが暑くなる》
《いや絶対蒸れてるよ》
《それ絶対臭いしダサいじゃん》

など、その〝センス〟を疑う声が続出することに。

工藤といえば、歌手以外にジュエリーデザイナーや画家としての顔もある。どちらも美的感覚が問われる仕事だが、このように斬新な感性を持っているからこそ、商売をやっていけているのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】