木下優樹菜“厳しい子育て”明かすも「まずお前の言葉遣いを直せ」

木下優樹菜

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

タレントの木下優樹菜が8月5日、『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演。長女がCMデビューを果たしたことを明かし、わが子の成長をうれしそうに口にしたが「木下自身がちっとも成長していない」などと批判を浴びている。

「女性の憧れ」との触れ込みで登場した木下は、長女が玩具のCMにデビューしたことを告白。うれしそうに「(玩具を楽しむ長女の姿を)インスタグラムにアップしたらオファーが来て…」とデビューのきっかけを明かした。

 

独自の子育て論披露も…荒い言葉遣いは変わらず

かつて「おバカタレント」として名を馳せた木下は、お笑い芸人『FUJIWARA』藤本敏史との間に生まれた子だからといって「バカにされたくない」と言い、他の家庭の子よりも厳しめに子育てに当たっていると強調。長女には「『ありがとうございます』を言えないとガチギレする」などと子育て論を披露し、有田哲平を子供役に仕立てて説教も〝実演〟した。子供に説教する姿を見て、それをいさめた原田泰造に「(わが子を)後でシメときますんで」と口にするなど、さすが〝元ヤンキー〟ともいわれる血気盛んな過去の姿をうかがわせた。

夫の藤本に対しては「言いたいことがいろいろあった」というが、最近は「(不満を口にするのを)諦めた」などと、結婚してから10年を経て「諦めの境地」に立ったと口に。

これらのエピソードに対し、母親を中心とする視聴者からは木下の子育て論に共感する声も出たが、一方で独身時代から変わらぬ言葉遣いの荒さを批判する声も続出した。

《もう話し方とか言葉遣いとか考えなよ》
《木下優樹菜は子供のしつけをちゃんとしようとするのは良いけど、親としてその言葉遣いはなってない》
《母になっても自分のこと優樹菜って言うんだ》
《子育て論とか夫に期待しないみたいな話、100年くらい前の母でも悟ってる》
《やっぱり、ヤンキーは言葉使いは悪いし行儀も悪い》
《そもそも言葉遣いが悪いので社会人としてまずどうかと思う》

木下の言葉遣いが長女に影響しないか心配だ。

 

【あわせて読みたい】