菜々緒“余命1年”役にツッコミ続出「とても見えない」「不老不死だろww」

菜々緒 

(C)まいじつ 

女優の菜々緒が、来る10月期放送のTBS系新ドラマ『4分間のマリーゴールド』でヒロインを務めることが分かった。俳優の福士蒼汰が主演を務める同ドラマ。大人気コミックスの実写化とあって期待の声が高まる中、菜々緒の役どころが〝余命1年〟という設定に、ネット上では「菜々緒に病弱な役やらせるのってかなり無理あるよね」などと、不安の声もチラホラと上がっている。

原作は、小学館の「新人コミック大賞」で大賞を受賞したキリエ氏によるもの。主人公・花巻みこと(福士)は手を重ねた人の〝最期の瞬間〟が見えてしまうという特殊な能力を持つ救急救命士。そんなみことは、一つ屋根の下で暮らす義姉・沙羅(菜々緒)に思いを寄せている。沙羅の28歳の誕生日、みことは沙羅の余命があと1年しかないことを〝見て〟しまい、義姉との〝禁断の恋〟に気持ちが揺れるというラブストーリーだ。

これまで多くの〝悪女〟を演じてきた菜々緒が、今回は天真爛漫な女性らしい役に挑戦するとあって、本人は「これまで悪女の役はたくさん演じましたが、〝強い〟性質が最初から最後までない役を演じたことはほぼないので…」としながらも「不安な部分もありますが楽しみです」と意気込んだ。

「これまでの役柄は、その美貌を生かした〝強い女〟役ばかり。また、プライベートでも、太っているファンからの『簡単に痩せる方法は?』という悩みに対して、『そんな考えだから痩せられないのでは?』と辛らつに答えて話題になったことも。そんな公私ともに〝強い〟イメージを持つ彼女が今回、真逆な役を演じるということでネット上でも話題騒然となっています」(芸能ライター)

 

菜々緒X-メン説

しかし、一部では〝余命1年〟という設定に引っ掛かったファンもいるようで、

《余命わずかの弱々しい感じにはとても見えない》
《菜々緒は不老不死の方が似合いそう》
《福士の魂を吸い取る役にしか見えないw》
《菜々緒って、ビルの下敷きになっても「ウォー」とか言って這い出てくるイメージ》
《菜々緒、花握りつぶしそう》

などと不安視する声が上がっている。

〝悪女〟役を極めた菜々緒。新たな一面を見せてくれることに期待だ。

 

【あわせて読みたい】