中条あやみ〝棒演技女優〟に続く「実は下半身ブス」の不幸なウワサ話

中条あやみ

(C)まいじつ

先ごろ、一部の芸能サイトに『棒女優ビッグ3』の1人と書かれた中条あやみに、またまた不幸な話が持ち上がった。今度は「意外にスタイルが悪い」という声が続出しているという。

「実は彼女の〝ブスタイル〟説は、突然出てきた話ではないのです。去年ぐらいからネット上で囁かれていました。それが最近では、断定調に書かれるようになったのです」(ネットライター)

中条はティーン誌の専属モデル出身。現在はCMを中心に活躍しながら、ファッション誌の専属モデルも務めている。当然スタイルがいいと思われがちだが、

「顔が芸能界でも指折りの小顔でしょ。きれいだし、どうしても彼女を見る場合、焦点は顔にいってしまう。でも見慣れてきて全体を見ると、思いの外、体形イマイチ。正直、よくモデルをしているなという感じです」(女性誌編集者)

 

演技も下半身もダイコン

あらためてネット上に流れている中条の過去写真を見てみると、スタイルがいいとはおおよそ言い難いものもチラホラ出てくる。

「中条に対して『本当はスタイルが悪いんじゃないか』という疑惑が大きくなったのは、去る6月に終了したドラマ『白衣の戦士!』(日本テレビ系)に出演してからです。彼女は新米ナースを演じましたが、そこで〝疑惑〟が〝絶対〟に変わったのです」(同・編集者)

『白衣の戦士!』は中条の初主演ドラマ。全10話の平均視聴率は、残念ながら8.7%と惨敗だった。このドラマでの演技が目を引き『棒女優ビッグ3』と呼ばれるようになってしまった。

「ナースは緊急のとき、動きやすいようにヒールは履きません。またこれも同じ理由で、スカートはヒザが出るかどうかの長さ。もちろん彼女も、ドラマではそういう姿で走り回ったのですが…。これを見たドラマファンがネット上に『モデルやれる足の長さじゃない』『驚くほどO脚』『スタイルかなり悪い』などと、やたら書き込んだのです」(前出のネットライター)

中条は公称身長170センチのBカップ。数字からも分かるスリム体型だ。

「小顔で微美乳なのですが、実は下半身が大きい。これは過去のビキニ写真からも分かります。ドラマではダイコン女優といわれましたが、下半身も同様だったのです」(アイドルライター)

上半身だけで十分に勝負できる美人だし、演技力はこれから磨いていけばどうにでもなる。ガンバってほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】