Kōki,にまたも“過剰修正”疑惑!「手が長過ぎ…」「獣の巨人級ww」

Kōki,

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

木村拓哉と工藤静香夫妻の次女でモデルのKōki,が、イメージモデルを務める『Galaxy S10/S10+』の新ビジュアルを公開。特殊なセットの中で抜群のスタイルを披露したのだが、ネット上では「またウユニ塩湖スタイル」「おかしいと思わないの?」などと、失笑の声が相次いでいる。

今年5月から、同製品のイメージモデルを務めるKōki,は、自身のインスタグラムにて新ビジュアルを公開した。以前のCMでは、髪を高い位置でポニーテールにし、凛々しい和装姿に注目が集まったが、今回は以前とは対極的に身体にピタッとした黒いワンピースを着用し〝クール〟な印象。足元も黒のショートブーツだが、指輪やネックレスは個性的かつカラフルなもので、Kōki,のエキゾチックな顔立ちによく似合っている。鮮やかな写真撮影機能がウリの同製品をアピールしようと、撮影セットは色とりどりで足元は反射。そういった特殊な環境でも、《everywhere to take beautiful photos!》「どこでも美しい写真を撮れます!」とアピールするのだった。

「以前にも同様の演出で撮影されていました。このときはサンダルですが、今回はより〝境界線があいまいになる〟ような黒一色のブーツを着用していますね」(芸能記者)

 

加工屋「要求を全て入れたらこうなった」

この投稿に、ネット上では、

《脚がどこで終わってるのか分からん》
《またウユニ塩湖スタイル》
《水面の上、鏡の上にしか立てないウユニ塩湖モデル》

などと、ボリビアにある空が湖の水面に反射し、まるで空に立っているかのような写真が楽しめるウユニ塩湖のようだと揶揄する声も。また、〝等身がおかしい〟と違和感を持った指摘も相次いでおり、

《手下げたら膝のあたりまでくるんじゃない? サルみたいじゃんw おかしいと思わないのこれ》
《手の長さはアレだな 獣の巨人級》
《とにかく顔を小さく手足を長く! と偏るからあり得ないことになるんだよ》
《輪郭思いっきり黒くぼかされてるwww》
《指輪をそんなメリケンサックみたいに着けまくってこれからタイマンでも張りに行くつもりか?》
《小顔に見せるために顔周りと首の影を濃くしてるのか、頭と体が少しズレて見えるんだよね》

などと〝過剰加工修正〟疑惑を深める声が続々と上がっている。

「Kōki,さんといえば、高級ブランド『シャネル』のランウェイで明らかになった、ありのままの姿が、SNSの姿と全く違うと話題になりました。その評価をどうにかして一転させたいのかもしれませんね」(同・記者)

以前から、脚の長さが〝自由自在になる〟などと指摘されているKōki,。今度のCMではどれくらいの長さで出演するのだろうか、注目が集まる。

 

【あわせて読みたい】