『水ダウ』に“ヤリマン”アナウンサー登場! 健気な行為に称賛の声

(C)aslysun / Shutterstock

8月7日放送の 『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、女性アイドルやアナウンサーにドッキリを仕掛けた。このうちフリーアナウンサーの松本圭世は普段、SNSでネットユーザーから公然と「ヤリマン」と声を掛けられている。8月に30歳を迎えた本人はSNSで「彼氏なし」と公言 しているが、なぜ「ヤリマン」とのウワサが立っているのだろうか。

この日、松本ら女性芸能人は同番組の「汚部屋アイドル ヤリにいき放題説」という企画に登場。乱雑な〝汚部屋(おへや)〟をお笑い芸人が見に行くというニセ番組を女性陣に仕掛けると、爪痕を残そうと、女性たちが一夜漬けで自分の部屋を懸命にゴミで散らかすかの検証を行った。

すると松本は、近所に頼んで回り、ゴミやダンボールを夜な夜なかき集めた他、ゴミでぬいぐるみを作り、「彼氏のゴミ太郎です」と紹介。〝汚部屋〟を強調しようと懸命な姿を見せたが、ドッキリと知らされると「ニュースを読むためには(必要な道だった)」と涙した。

 

雀荘に通い過ぎ「麻雀ヤリマン」の異名

松本は愛媛朝日、テレビ愛知の元アナウンサーで、現在はフリーとしてAbemaTVなどで活躍中。同局で放送中の麻雀プロリーグ『Mリーグ』ではインタビュアーとして麻雀プロとやり取りしているが、松本は週6回雀荘に通っているとあって、本格的な麻雀の質問でプロが舌を巻く場面も見られる。

3月放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)ではすっぴんで雀荘に通い詰めることから、「麻雀ヤリマン」と評され、本人もそれを受け入れてツイッターに投稿した。

この日、視聴者からは松本に温かい声が寄せられた。

《いつもMリーグで見ているからか、松本圭世のゴミ太郎はすごく胸に来るものがあった》
《松本圭世さん、Mリーグのインタビューでは選手でも忘れているような一牌の取捨選択とかも聞いてくれる名リポーターとしてめちゃめちゃ活躍されてます》
《松本圭世さんのプロ意識すご過ぎる》
《(今季の)Mリーグ始まるころにはもっと売れてきそうまである》

「麻雀ヤリマン」はニュース番組に出世できるのだろうか。

 

【画像】

aslysun / Shutterstock

【あわせて読みたい】