菜々緒「悪女からの脱却」に立ちはだかる“ローリング騒動”の過去

菜々緒 

(C)まいじつ 

女優の菜々緒が8月6日、自身のインスタグラムを更新し、10年ぶりに前髪を作った写真を公開した。菜々緒が髪型を変えたのは、来る10月からスタートする新ドラマ『4分間のマリーゴールド』(TBS系)でヒロインを務めるためだという。

菜々緒は、《何と10年ぶりに前髪を作りました キリエさんの同名コミックを原作に、人の『死の運命』が視えてしまう特殊能力を持つ救急救命士と、命の期限が1年後に迫った義姉との禁断の恋を描く、切ないラブストーリー。初めてのヒロインです。悪要素ゼロです。是非ご期待ください》とコメントし、ドラマをPRした。

ネット上では、

《メチャかわいい! ショートも似合いますね》
《悪女要素なし! イメチェン大成功ですね》
《新しい菜々緒を見た。期待したい》

など、絶賛する声が上がっている。

「172センチの高身長と抜群のスタイルを生かし〝菜々緒=悪女〟のイメージを築いてきた彼女ですが、一方で出演オファーのほとんどが同じような役柄ばかりで、本人もいいかげん、飽き飽きしているといいます。30代になった今、徐々にイメチェンし、冷たいイメージからの脱却をもくろんでいるようですね。同ドラマで前髪を作り、天真爛漫のヒロインに挑戦するのもその一環でしょう。ドラマが成功すれば、今後、新しいイメージの役柄での出演が増えるかもしれません。本人もかなり気合いを入れているようですよ」(芸能関係者)

 

男性ファンを取り込みたいが…

そんな菜々緒だが、実はその人気を支えているのは、ほとんど同性のファンだという。女性から見れば、クールなイメージで抜群のスタイルをしている菜々緒は憧れの存在なんだとか。一方で、それとは逆の親しみやすいキャラクターを演じることに成功すれば、男性ファンも一気に増える可能性は高いが…。

「菜々緒に温かみのあるキャラを与えても、果たしてどれだけ男性ファンがついて来るかは未知数ですね。ネット上では菜々緒が大学時代に〝ローリングフェラ〟を特技としていたことを公言していた証拠画像が、今でも出回っています。男性ファンは女優のスキャンダルには敏感です。むしろ、思い切ってヌードを披露した方が一気に男性ファンを取り込めるんじゃないでしょうか」(エンタメ誌記者)

来年公開の映画『ヲタクに恋は難しい』では、コスプレイヤーを演じることが決定している菜々緒。こちらもアニメオタクにうまく受け入れられることができるかに注目が集まっている。

新たな菜々緒の一面を見ることができるか。今後の活躍に期待したい。

 

【あわせて読みたい】