田中みな実『ルパンの娘』“パンチラ演技”大好評も「随所に出るド素人感」

8月8日に放送された、深田恭子主演のドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)第5話。この回に登場した元TBSアナウンサー、田中みな実の演技力の〝緩急〟に、ネット上でツッコミが続出している。

主人公の三雲華(深田恭子)は、泥棒一家〝Lの一族〟(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘で、家族の誰よりも盗みの才能を持つものの家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくため図書館司書として働いている。しかし、結婚を考えている恋人・桜庭和馬(瀬戸康史)は〝警察一家〟の長男。同作は、2人の禁じられた恋を描くラブコメディーとなっている。

第5話では、世界各国の男にすり寄り、金品を奪う女泥棒・双葉美羽(田中みな実)が登場。和馬の先輩である巻栄一(加藤諒)もその誘惑に引っ掛かり、まんまと警察手帳などを奪われてしまった。

 

演技上手い!? ド素人!? 評価が真っ二つ

美羽はターゲットの前でなまめかしく脚をさらけ出し、パンチラギリギリの行動で男を誘惑していくのだが、この〝誘惑演技〟に対して、視聴者からは、

《田中みな実さん、演技めちゃくちゃうま過ぎない!?》
《田中みな実エロいなあ。この人は女優向きだな。演技も上手》
《田中みな実ってこんな演技うまかったん!》

など、称賛の声が続出した。しかしその評価が、数分後に一変することに。

画/クロキタダユキ (C)まいじつ

男を誘惑していない〝素〟のシーンや、怒鳴るといったシーンの美羽に対して、

《田中みな実はいつものぶりっ子的な演技のときはまあうまいんだけど、ドスを効かせたときはまぁもう少し頑張りましょうって感じだね》
《田中みな実案外演技上手だなぁって思ったけど怒鳴る演技はそうでもなかったな》
《意外と演技うまいと思いきや、随所に出るド素人感。凄まじき田中みな実》
《田中みな実ぶりっ子の演技はすっごいうまいんだけどなぁー、他がなぁー》

など、厳しい声が続出してしまったのだ。

ルパンの娘

画/クロキタダユキ (C)まいじつ

〝ぶりっ子キャラ〟で人気を獲得してきた田中。男に媚びる演技だけは、しっかり身に付けていたようだ。

 

【あわせて読みたい】