三田友梨佳アナ“手作り弁当持参”で「大谷選手を取材します!」実現か

三田友梨佳 

(C)まいじつ 

フジテレビの〝ミタパン〟こと三田友梨佳アナの〝極秘行動〟が今、水面下で関心の的だという。一部関係者の間では「大谷翔平に会いに行く」という話が持ち上がっているというのだ。大谷はオフに手術をしたため、今年は打者専念だが、成績はケガや2年目のジンクスを感じさせないほど好調だ。

「後半戦にホームランが止まったことで『物足りない』というファンもいますけれれど、まだ2年目。お盆までに本塁打15本、打率2割9分台、打点49は立派。シーズン開始直後は出ていないし、まだ残り40試合ある。昨シーズンの本塁打22本は抜くでしょう」(スポーツ紙記者)

成績同様、大谷の「恋愛」も関心事だ。本人が積極的でなくても、周囲が放っておかない。

「大谷サイドは『女子アナNG』と言ってはいますけれど、それで指をくわえて見ている女子アナなんていない。彼女らには取材という名目があるし、本当は仕事ではなくても、建前取材で近づくのは当然でしょう」(同・記者)

 

お弁当で大谷へのアピール?

そうした中、三田アナは大谷の恋人候補として急浮上中だという。

「ミタパンは大谷を高校時代から取材しており、知り合いということなら民放では一番古い関係です。しかも昨年4月、担当番組だった『直撃LIVE グッディ!』の中で『私、大谷選手、取材します!』と突然の宣言。MCの安藤優子が『エッ、本当!?』と驚いたほど。その真意は分かっていません」(女子アナライター)

三田アナは本物の野球通。青山学院大時代に硬式野球部のマネジャーを務め、野球の勉強のために1年間留学もしている。

「番組でミタパンは、イチローのいたシアトルと大谷のいるロサンザルスについて『案外、近いんですよ』とコトもなげに言ったことがあります。シアトルとロスは距離で1800キロ以上、飛行機で3時間弱。その感覚に安藤は呆気に取られ『そうなの!?』と返していました」(同・ライター)

三田アナの実家は料亭と劇場を経営しており、生粋のお嬢様として知られる。

「夏休みは『アメリカに野球を見に行く』と友人に語っているようです。最近、自身のインスタグラムに手作りの弁当をアップしているのも妙。花嫁修業だそうですが、周囲は大谷へのアピールだと見ています。アメリカへは〝告白旅行〟だと評判です」(同)

お嬢様・ミタパンに大谷も陥落か。

 

【あわせて読みたい】