馬場ふみか“パンツ脱がされシーン”にファン歓喜「ヤバ過ぎだろ!」

馬場ふみか 

(C)まいじつ 

モデル・グラビア・女優とマルチに活躍する馬場ふみかが、8月16日深夜放送の『百合だのかんだの』(フジテレビ系)第5話に出演。全裸エステやパンツを脱がされるシーンなど、体を張った演技に挑戦した。

同ドラマは、フジテレビが運営する動画配信サービス『FOD』のオリジナルドラマとして5月に配信が開始された作品。「百合」とのタイトル通り女性同士の恋愛を描いた意欲作で、地上波でも7月19日より放送が開始された。

馬場は主人公の女子大生・篠原百合役で、小島藤子演じる偶然再会した小学校の同級生・二宮海里とは徐々に互いを思い合う関係に。以降は過激なスキンシップや女性同士のキスが描かれ、その描写はネット上でもふつふつと話題になっていた。

 

下の毛への妄想が膨らんでいく視聴者

そして今回放送された第5話、百合と海里は仲良くオイルマッサージ店へ。2人は上半身裸の状態でうつ伏せとなり、腰部分にタオルが被さっただけの〝サービス〟的なお色気シーンが冒頭から挟まれていく。

そして施術後の着替えシーンでは、ジーンズを履きながら上半身はブラジャー一丁というリアルなエロさを放った百合の姿が。また、海里は百合にアンダーヘアがないことを見せつけ、影響された百合も下の毛を処理することを決心する。

しかし、後のシーンでは処理後の痛みを訴え始め、海里は百合のパンツをずり下ろして様子を見ることに。当然、局部は映されなかったものの、パンツを下げる一連の動作はアップで描かれており、ネット上には

《うおおおおおおおおおおおおおおおお》
《自分も馬場ふみかさんのあんだーへあーマジでみたいです》
《百合だのかんだのヤバ過ぎやろ》
《百合だのかんだのがめちゃ眼福すぎる》
《俺は毛があった方が興奮する》

といった反応が上がっていった。

いつかヘアヌード解禁で、〝本物〟が見られる日は来るのだろうか。

 

【あわせて読みたい】