公開処刑だ… AKB48矢作萌夏の“激太り”写真を同僚が投稿で波紋

(C)saltodemata / Shutterstock

『AKB48』の通算56枚目のシングル『サステナブル』のセンターに、グループ加入1年半で大抜擢された矢作萌夏だが、やはりグループ内で反乱が起こっているようだ。

「矢作は確かに期待のメンバーでしたが、運営のゴリ押しが酷く、他のメンバーはよく思っていなかったようですね。また、ゴリ押しされるだけならまだしも、『週刊文春』に同級生の彼氏がいると報じられ、決定的な写真がネットでも出回っているのにペナルティがゼロだったこともあり、真面目にやっているメンバーは『やってらんねえよ』となっているようです」(アイドルライター)

そんな中、矢作萌夏が属する〝チームK〟の単独公演が8月17日に行われた。当然、この公演には矢作も出演したのだが…。

「矢作は以前から、他のメンバーよりもかなりぽっちゃりとした体形だと指摘されていました。そのため、今回の公演では、腹出しの衣装だったこともあり、ぷよっと肉付きのいいお腹があふれ出し、ミニスカートからは、他のメンバーの2倍ほどはあろうかという脚が露わになっていました」(同・ライター)

 

「野呂佳代でもクビレがあった」

そして、この写真を大々的にインスタグラムに掲載したのが、矢作と同じチームの湯本亜美だった。

湯本はインスタグラムのストーリー機能を使って、矢作がセンターでポーズを決めている写真を投稿。湯本は自分のサンダルが脱げそうになっていることを、この写真でアピールしているのだが、誰がどう見ても、この写真を見ると、矢作の肉付きの良い脚とお腹に目がいってしまう。

そのため、ネット上では

《マジで湯本は性格悪いな。これ絶対わざとだろ》
《公開処刑やん》

など、湯本のイジメを疑う声が。一方で、

《ガチのデブで引くわこんなん。アイドルやってていい体型じゃない》
《野呂佳代でも現役時代時代はクビレがあったぞ》
《こんなのがセンターじゃ、他のメンバーのモチベーションに影響するなw》

など、ぽっちゃり体系の矢作のセンター就任に疑問を投げかける声も。

しかし矢作萌夏はまだ17歳。ダイエットが身体にかける負担はかなり大きい。ファンはもう少し懐を深くして彼女を見守るべきだろう。

 

【画像】

saltodemata / Shutterstock

【あわせて読みたい】