橋本環奈が“純白下着”エロ写真集発売!? 出版社の争奪戦勃発か

橋本環奈

(C)まいじつ

人気女優の橋本環奈に〝セクシー写真集〟出版の話が急浮上しているという。

「目玉は〝純白下着〟。環奈のセクシーな写真集を出したいという出版社は、5社以上は確実にあります。今は空前の写真集ブーム。『乃木坂46』のメンバーを筆頭によく売れる。単体のタレントなら、彼女が注目度1位です」(芸能記者)

ただし橋本の写真集には〝前科〟がある。彼女は今年2月、写真集『NATUREL』を発売。内容はガッカリものだった。

「10代最後の写真集ということで〝セクシー環奈〟の期待を集めたものの、ほぼ洋服写真集。売れないことを見越してか販売イベントを行い、3冊買ったら握手、5冊なら握手&チェキというAKB商法を使った。5冊で合計1万8900円。人数限定で抽選だったとはいえ、週刊誌には『ボッタクリ』と書かれたのも事実」(同・記者)

しかもこの写真集、内容だけでなく、その〝アオリ〟からして裏切りだったという。

「写真集出版の前後に週刊誌、週刊マンガ誌では胸の谷間をしっかり見せて露出が高いグラビアを展開。それなのに写真集に露出がないというのは、やはりおかしい。週刊誌の方が断然エッチなのですから、写真集を買った者は不満タラタラ」(グラビア雑誌編集者)

 

徐々に露出度は上がっている

では橋本は写真集の素材として不向きかというと、そうではないようだ。

「長期的に見ると、露出はかなり上がってきています。それに伴いEカップのバストも〝公開モード〟になっており、最近は胸の谷間出しだけでなくピッチリ服での巨乳強調やヨコ乳見せもやっている。キャミソール姿を見せているのは、相当な進歩です。次回の写真集の布石といわれます」(同・編集者)

橋本の露出増には、〝ウリ〟に対する戦略が垣間見えるとも。

「来年2月が21歳の誕生日ですが、そこに照準を合わせて〝メモリアル写真集〟を出版することができます。昔から写真集は〝ハタチもの〟の方が10代より売れる。出版社の争奪戦は当たり前でしょう」(同)

となると、気になるのはやはり内容だ。

「ブラジャー&パンティーの〝純白下着〟なら絶対売れる。最低部数30万部、ギャラ1億円超。近来ないメガヒットといわれる乃木坂・白石麻衣の写真集『パスポート』の部数34万部を瞬間で抜く可能性大です」(同)

橋本の決断に期待したい。

 

【あわせて読みたい】