謎のハイテンション!? 成宮寛貴“半裸グルグル動画”に「下品」「怖い」

成宮寛貴 

(C)まいじつ 

2016年末に芸能界を引退した元俳優・成宮寛貴氏が、8月16日に自身のインスタグラムを更新。わずか数秒の動画に、さまざまな反応が寄せられた。

今回投稿されたのは、スマホを片手にした成宮氏が、口をタコのように尖らせながら上半身裸でぐるぐると回っているインカメラからの動画。《Turning around and around》《#turning》《#クルクル》《#晩夏》というコメントが添えられ、公開直後から万単位での再生数を記録している。

フォロワーからは、

《かっこいいお姿、じっくり見てたら目が回っちゃいました》
《目が回ってもずっと見ちゃう》
《くるくるとかっこよさとpostがうれしくて私はめまいしちゃいそう》
《今日はちょっとテンション高めですね?? かっこいいです》
《回っていてこれだけカッコいい人 見たことない》
《ずっと見てると酔うよ。一緒に回ってる気分》

などと好評を博しており、引退から2年以上が経過した今も変わらぬ人気を保っているようだ。

View this post on Instagram

Turning around and around🍭#turning#クルクル#晩夏

A post shared by HiroshigeNarimiya (@hiroshige_narimiya) on

 

「昔は爽やかイケメンだったのに…」

しかし一方では、上半身裸での回転動画という謎のテンションに批判的な意見も。とあるネット掲示板には、

《シラフでもシラフじゃなくてもどっちにせよ怖いw》
《下品 どこを目指しているのか》
《「昔は爽やかイケメンだったのに…」と悲しくなる》
《何がしたいんだろう》
《そろそろ落ち着こ》
《同じ人なのに本当に前はかっこよかった。今は見る影もなく痛いし、見てて恥ずかしくなってくる》

など、厳しい書き込みも相次いで見られている。

「既に引退して守るものがなくなったためか、成宮氏は俳優時代からは考えられないはっちゃけた投稿を続けていますね。この夏には舌を出した1枚やピザ窯の前で〝パリピ〟のようなポーズを決めた画像を上げており、昨年12月には良からぬ妄想を掻き立てられる〝主観AV〟のようなセクシー動画もアップしています」(芸能ライター)

俳優時代、爽やかで好青年なイメージを強いられた反動なのだろうか?

 

【あわせて読みたい】