王者・井岡一翔に辛辣な声「離婚とお子さん誕生のタイミングが合いません」

(C)DJTaylor / Shutterstock

ボクシングWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔が8月21日、自身のインスタグラムを更新し、今年6月に再婚した一般女性との間に第1子が誕生したことを報告した。しかし、井岡が元妻と昨年11月に離婚している経緯から、ネット上では「元嫁と今の奥さん時期かぶってるよね?」「殴られ過ぎかも…おかしくなってんのかな」などと〝ドン引き〟の批判の声が殺到している。

井岡は、生まれたての赤ちゃんを抱っこした写真とともに、《ついにこのときがきました。第1子が誕生しました! 24時間の立ち会いのもと、妻と子供が力を合わせて、母子ともに無事に出産を終えることができました》などと、妻が無事に出産を終えたことを報告。続けて、《これからは、僕が一家の大黒柱として、男としての役割を果たしていきたいと強く思います! 人生の中で大きな1日になりました》と、新たな決意をしたためた。

さらに、ヒップホップアーティスト・般若の『家訓』から《最初に言うけどお前すげーな この世に生まれた1人のPlayer 失敗して来いそっから全裸 人生ギャグだぞぶっ飛ぶくれーな》と歌詞を引用し、生まれたばかりのわが子へメッセージを送った。

View this post on Instagram

【ご報告】 遂にこの時がきました。 第一子が誕生しました! 24時間の立ち会いのもと、 妻と子供が力を合わせて、母子ともに無事に出産を終えることが出来ました。妻と子供に尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。 これからは、 僕が一家の大黒柱として、 男しての役割を果たしていきたいと強く思います! 人生の中で 大きな1日になりました。 . 「最初に言うけどお前すげーな この世に生まれた1人のplayer 失敗して来いそっから全裸 人生ギャグだぞぶっ飛ぶくれーな」 産まれてきてくれて本当にありがとう。 #井岡一翔 #mybaby #family #家訓 #感謝 #papa

A post shared by 井岡一翔 kazuto Ioka (@kazuto_ioka_official) on

「井岡選手は、2017年5月に歌手の谷村奈南さんと結婚し、翌年11月に離婚。その後、今年6月に現在の元モデルの一般女性と〝できちゃった〟婚をしました。ゲスを勘繰る世間からは、当然ながら〝早過ぎる再婚〟に疑問の声が上がっていましたね。一般的に妊娠期間は10カ月ほどですから、元妻と離婚した時期に、再婚相手を妊娠させたことになります」(スポーツ紙記者)

 

判定に持ち込まれたら負けそう

ネット上では、やはり今回の出産の時期に対し、

《出産となると、離婚からの計算が合いませんね》
《元嫁と今の奥さん時期かぶってるよね?》
《離婚とお子さん誕生のタイミングが合いません》
《元妻と生活中に不倫相手と子作り!?》
《不倫相手もこの男もたいがいだな。子どもが気の毒》
《どんなにいい選手でもこれじゃあ応援したくない 気持ち悪い》
《殴られ過ぎかも…やられてるんじゃない? おかしくなってるのかな》

などと、批判の声が殺到している。

素晴らしい選手なだけに、ファンは人間性にも高いものを求めてしまうのかもしれない。

 

【画像】

DJTaylor / Shutterstock

【あわせて読みたい】