ブルゾンちえみに「整形しろ!」番組でのイジリがセクハラ過ぎて大炎上!

ブルゾンちえみ 

(C)まいじつ

8月25日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、司会の東野幸治がブルゾンちえみに「整形したいところは?」と繰り返し聞いていたことが明らかになった。これに女性視聴者から批判が相次いでいる。

番組前半では、過去放送分の未公開シーンを放送。社会学者の古市憲寿氏、女優の川口春奈らが出演した放送回で、古市氏が「リスクがないなら整形してもいい」と発言したことから、スタジオは整形の話題に切り替わっていた。

 

「イジりたいところはないの?」繰り返し質問

東野は「どこか(自分の体を)イジりたいところはないの?」とブルゾンに繰り返し質問。「整形させたいんですか?」とブルゾンは不思議そうな表情を浮かべたが、後藤輝基は「頬骨とか…」と、暗に〝整形してはどうか〟と説いていた。ブルゾンは「私が整形しないって言ってるんだから…」と、自分が「整形したい」と言わない限りは「整形すべき」と言うべきではないと強調していた。

この日の『行列――』は、『24時間テレビ』のチャリティーマラソンランナー4人を出迎えようと生で放送していた。4人の登場前に放送されたVTRを見て、ブルゾンは「今見てもおかしいでしょ」と不満を漏らしたが、東野のイジりは止まらず。あらためて「脂肪吸引とかされたんですか?」などと聞き直し、ブルゾンを呆れさせていた。

VTR、生放送を見た視聴者は、繰り返し「整形しては」と説いた東野、後藤を批判する声が殺到していた。

《整形したいかどうかもするかしないかも本人の意思やのに全然笑えん》
《顔とか体型のいじり耐え難い》
《冗談を通り越して地上波に乗せたイジメだよ》
《そういうこと言ってるお前らの腐った心根を整形してはどうですか?》
《ブルゾンちえみに整形がどうのこうの言うの普通の会社でやったらセクハラだからな》
《あらためて放送する制作側もどうかしてる。これでウケると思ってんの?》

吉本の闇営業問題で世間をにぎわせたばかりだが、またも芸人の常識のなさが明らかになってしまった。

 

【あわせて読みたい】