全員クズ!『偽装不倫』今期最高のイライラドラマ最大の被害者は…

8月21日、杏主演のドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)第7話が放送された。この回で谷原章介も〝クズ役〟だと判明し、稀に見るクズだらけのドラマとなっている。

32歳、独身、彼氏なしの派遣社員・鐘子(杏)が主人公。旅先で出会った年下のイケメン・伴野丈(宮沢氷魚)に出会い、咄嗟に既婚のフリをしたところから、まさかの恋がスタート。一方、鐘子の姉・葉子(仲間由紀恵)は、完璧な夫・賢治(谷原章介)がいるにも関わらず、ピンク頭の年下イケメンボクサー・風太(瀬戸利樹)と〝本当の〟不倫をしている。

これまでの話では、葉子が悪びれもなく風太との不倫を楽しみ、賢治との約束をすっぽかし続ける様子に視聴者から批判が続出していた。

そして第7話では、葉子が不倫に走った理由を告白。どうやら賢治は、葉子を〝子供を産む機械〟くらいにしか考えていないようだ。また、男の子を望んでおり、もし女の子が生まれた場合は「また産めばいい」と発言していたことも明らかに。このエピソードによって、賢治には多くの非難の声が寄せられた。

 

クズ大集合! のイライラドラマ

『偽装不倫』では、主人公の鐘子がいつまでも〝既婚〟と丈にウソをつき続けてウジウジしているうえ、丈は持病の関係から、既婚者を狙ってその場限りの恋愛を楽しもうとしていたチャラ男。また、葉子は本気の不倫をするクズで、賢治はモラハラ旦那。

偽装不倫

画/クロキタダユキ (C)まいじつ

このように登場人物が全員かなりのクズで、唯一の良心で最大の被害者は、葉子を独身と思い込んで交際している風太となっている。

偽装不倫

画/クロキタダユキ (C)まいじつ

この展開にネット上では

《それぞれ別の方向にクズなのすごい》
《仲間由紀恵より杏の方がクズ》
《葉子がクズなのは賢治がクズなせいか。でも葉子は風太を騙しているからクズなことに変わりない》
《風太ウザキャラだったけど可哀想》
《えっと… とにかく風太が不憫すぎないか?》

といった声が上がっている。

物語も終盤だが、それぞれに天罰が下るスカっと展開は来るのだろうか。イライラしながらも、ますます目が離せなくなってきた。

 

【あわせて読みたい】