『ボンビーガール』希望完全無視の物件選びに呆れ声「これはないだろ…」

(C)WAYHOME studio / Shutterstock 

8月27日放送の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)の人気企画「上京ガール」に出てきた物件に、呆れ声が噴出。「自炊したい」と希望した女性に紹介された物件に対して、ネット上で「これで自炊は無理」との声が上がっている。

「上京ガール」は、地方出身の女性が東京で物件探しをする企画。この日登場した19歳の女性は熊本出身で、渋谷から30分で家賃3万円台の物件を希望。「できれば自炊したい」との注文も付けていた。そこで渋谷界隈の駅周辺を探し回ったが、希望の物件はなかなか見つからず。条件を徐々に絞りながらも対象の物件を広げていった。

女性はJRと京王線が通る吉祥寺駅の不動産のもとを訪れ、同駅圏内の物件にたどり着いた。収納スペースも大きく、キッチンにはIHヒーター付き。「まな板も置ける…」「広い」と、女性は満足げな表情を見せた。

 

「これじゃ自炊は無理」ミニ冷蔵庫に呆れ声

不動産業者は、IHヒーターの下に小さい冷蔵庫があるとアピール。「備え付けでございますので」「小さい飲み物だったり、小さいお野菜だったら中に入れても」と説明し、女性もかがみながら冷蔵庫の中身を確かめた。

家賃は当初の希望よりも大幅に高い4万7000円だったが、学生や若者が多い街ということもあり、「安心感がある」と女性は納得した様子。最後は満面の笑みで「よろしくお願いします」と、この部屋に契約すると決めた。

無事に物件が決まったのだが、不動産業者の「備え付けの冷蔵庫がある」とのアピールには首を傾げる視聴者が続出していた。

《あんな小さい冷蔵庫じゃ使い物にはならないね。別に買わないと自炊は無理でしょ》
《自炊したいのにミニ冷蔵庫はないだろ…》
《ミニ冷蔵庫ほど何も入らんもんはないで》
《古い物件だな。特徴的なミニ冷蔵庫と1コンロ》

冷蔵庫の大きさは縦横1メートルに満たない大きさとみられる。収納上手にはなれるかもしれない。

 

【画像】

WAYHOME studio / Shutterstock

【あわせて読みたい】