山口智子を巡って唐沢寿明が木村拓哉に敵意? マジギレ話に同情の声

唐沢寿明 

(C)まいじつ 

8月28日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、女優の山口智子が出演。夫である俳優・唐沢寿明に「〝一度だけ〟本気でキレた」というエピソードを明かしたところ、ネット上では唐沢に対する同情の声が多く上がった。

山口が語ったのは、1996年の大ヒットドラマ『ロングバケーション』(同系)で共演した木村拓哉を、夫婦で自宅に招いて夕食を取ることになった際のエピソード。唐沢は山口・木村と3人で談笑しながら食事をしていたが、まだ食べ終えていない中で1人だけテレビゲームを始めたのだという。

食事中にもかかわらず1人ゲームを始める旦那に、かなりの怒りが爆発したようで、山口は「これって親だったら、『何考えてんだお前!? 帰ってくんな!』の状態ですよね。なんで小学3年生みたいなことを…」と、当時の思いを告白。また、この行動を取ったのが来客中という点も許せなかったようで、その瞬間には「この人と結婚して本当に良かったのかな…」という思いまで湧いてしまったと語っている。

 

ネットにはなぜか称賛が続出

大物俳優らしからぬ子どものような行動を暴露されてしまった唐沢だったが、ネット上には、

《同じ空間に他の男がいて、しかも山口さん木村さんと楽しそうにしてたんでしょうね。心が嫌になっちゃったんでしょう…。すごく気持ち分かります》
《嫁が、あの時代のキムタクを家に呼んで仲良く話していたら、そりゃーいい気分しないでしょう》
《たとえドラマでも、夫としては、妻と公にキスをしている男とずっと一緒にいるのは、いい気分じゃないだろう》
《ゲーム始めたのは失礼だったかもしれないけど、疎外感を感じさせたことも反省した方が良いと思う》

などと、逆に同情する声が多く上がり、山口を批判する声まで散見されることに…。

「唐沢のゲーム大好きっぷりは有名ですが、この行動はやはり嫉妬からきたものでしょう。『ロングバケーション』をきっかけに木村が山口に本気で恋していたことは周知の事実ですし、唐沢としては山口と木村が仲良く食事しているのが面白くなかったのでは」(芸能記者)

当時に売れていたゲームソフトから推察すると、唐沢が思わずやりたくなってしまったのは、相手をボコボコにしまくる『鉄拳2』か、ゾンビを殺しまくる『バイオハザード』か――。木村が無事で何よりという話なのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】