『嵐』相葉が“SMAP”に隠れメッセージ!? 多大なリスペクトの裏には…

嵐  相葉雅紀 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

8月24日・25日の2日間、『嵐』がメインパーソナリティーを務める『24時間テレビ』(日本テレビ系)が放送され、エンディングに相葉雅紀がメンバーへの手紙を読み上げて感動を呼んだ。

初のメインパーソナリティーを務めた2004年から数え、今回が番組史上最多5回目の就任となった「嵐」。結成20年目、来年末には活動休止も控えている節目の今回は、初就任時にメンバーへの手紙を読んだ相葉が再び今の思いを朗読することとなった。

相葉はグループの20年間を振り返りながら、「最愛のパートナー」と称するメンバーに感謝の思いを告白。活動休止に関しては「僕は休止と書いて〝パワーアップ〟と読むと思っています」「パワーアップした僕たちは(中略)近い将来、絶対にグループ活動しようね」との誓いを立て、最後は04年の手紙で語った「トップになりたいって夢、絶対かなえようね」という言葉を引用し、「まだかなってない夢、この5人で絶対にトップになろうね」と決意表明した。

 

これだけ売れても〝越えられない〟偉大な存在

感動を呼んだ相葉の手紙だったが、ネット上では「まだかなってない夢」という表現が気になったという反応が。確かに、現在の「嵐」はエンターテインメントの各分野で絶大な人気を誇り、その影響力を考えると芸能界で間違いなく頂点に位置している。

客観的に見ても「嵐」が一番の売れっ子であることは疑いようのない事実だが、なぜ相葉は「まだかなってない」と表現したのか。そこには、かつて何かと比較された〝偉大な先輩〟の存在があるようだ。

「おそらく相葉は、解散した『SMAP』が芸能界のトップであり、永遠に越えられない偉大な先輩だと捉えているのでしょう。確かに、『嵐』が今の芸能界で一番の影響力を持った国民的グループであることは明らかですが、かつてその地位にいたのが『SMAP』であることも事実。また、何かにつけ『SMAP』と比較されたり、『第2のSMAP』『SMAPの後釜』などと言われ続けていることや、世間の多くがこうしたイメージを持っていることも否定できない面があります」(ジャニーズライター)

さらに、相葉の経歴を見ると、彼が「SMAP」に人一倍強い思いを持っていたことが分かる。

「そもそも相葉がジャニーズに履歴書を送ったきっかけは『SMAP』ですからね。彼は事務所入りの経緯を『テレビでSMAPがバスケをやっているのを見て〝俺もこのお兄さんたちと一緒にプレーしたい!〟と思ったのがきっかけ』と何度も語っており、いわば『SMAP』がいなければ今の相葉もないのです。世代的にも大きな影響を受けていることも間違いありませんし、『偉大な先輩』『永遠に越えられない存在』と敬意を抱くのも納得ですよ」(同・ライター)

取り巻く環境のせいで不仲もウワサされていた両グループだが、〝国民的グループ〟の意志は確実に受け継がれている。

 

【あわせて読みたい】