“雰囲気イケメン”の芸能人といえば…ジャニーズではやっぱりあの人!

綾野剛

(C)まいじつ

顔はそれほどカッコよくないのに〝高身長〟と〝おしゃれな髪型〟などによってイケメンに見えてしまう現象〝雰囲気イケメン〟。その存在は、イケメンともてはやされている俳優やジャニーズタレントでも数多く生息しているようだ。

まずは、俳優・綾野剛。身長180センチの長身を生かし、モデルを経験。2003年に『仮面ライダー555』(テレビ朝日系)にて俳優デビューを果たすと、次々に話題作に出演した。12年に放送された連続テレビ小説『カーネーション』にヒロインの恋の相手役として出演した際は、わずか3週間の出演ながらも人気が爆発し、同ドラマの最高視聴率を記録してしまうほど、綾野の類いまれなる〝雰囲気〟あるルックスや演技に魅了される人が続出した。

「その後も、『コウノドリ』『空飛ぶ広報室』(ともにTBS系)で多くのイケメン役に恵まれ、キャラクターがそのまま綾野のイメージになってしまったのかもしれませんね。しかし、最近自身のSNSにて〝やんちゃ〟な一面が明らかになると、ミーハーなファンは冷めてしまい離れていっているようです」(芸能ライター)

実際に、ネット上でも、

《オッサン化したのか、顔がむくんでブスくなった気がする》
《綾野剛はイケメンじゃないけどフェロモンがすごい。何なのこれ》
《年取れば取るほどバカっぽいのが露呈してるかも》

などと、綾野の〝雰囲気〟に騙されていたという冷めた声が上がっている。

 

雰囲気イケメンは雰囲気イケメンを知る

そんな綾野は、17年1月に出演した『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で、世間では『雰囲気イケメン ランキング1位』といわれていることに対し「イケメンの部類に入っているとは思わない、目も離れてるしこんなんなんで」と自虐。さらに、松山ケンイチについても「ケンちゃんもよく見たら、そんな別にカッコよくない」と語り、山田孝之については「あいつ、毛玉なんで」と毒舌をかました。

そして、同ランキング3位にランクインした俳優・小栗旬に対しても「旬なんて別にカッコよくないですよ」と、まさかの爆弾発言を繰り出した。そんな綾野から〝雰囲気イケメン〟の評価を受けた小栗に対して、確かにネット上では、

《小栗旬はよーく顔見ると その辺に居るお兄ちゃん》
《小栗旬は顔は?だけど色気ダダ漏れ》
《雰囲気イケメン3人衆。綾野剛。中村倫也。小栗旬》

などと、同調する声が多い。

一方、ジャニーズ界の雰囲気イケメンとして名前が挙がるのが『Kis-My-Ft2』の藤ヶ谷太輔。175センチで小顔、ヘアスタイルも〝ザ・王道〟な盛りスタイルで、ファンからはすっきり顔イケメンだと人気を集めている。

「キスマイの冠番組『キスマイ超BUSAIKU!?』(フジテレビ系)は、メンバーがいかに女性を〝胸キュン〟させられるかを競いランキング付けしていくバラエティー番組。そこで、藤ヶ谷さんは頻繁に上位にランクイン、つまり多くの女性たちを胸キュンさせているわけですが、これはあくまで言動に対する評価。彼はこのように、ルックスではなく立ち振る舞いでの評価が高いのです」(同・ライター)

その他のキスマイのフロントメンバー、北山宏光や玉森裕太に対しても、

《北山がなぜか一軍扱いなのが解せない》
《イケメン班は自分たちのくくりに疑問はないのかな》
《『舞祭組』が結成されたことによって残りの3人が自分をイケメンと思ってる気がしてモヤモヤする》

などと疑問の声が多数上がっている。

とはいえ、〝雰囲気イケメン〟は本人たちの努力やセンスによって磨かれてきた賜物。ある意味、本物のイケメンよりも価値があると言えるだろう。

 

【あわせて読みたい】