ジャニー社長「お別れ会」行けるのに行かない元『SMAP』3人の策略

新しい地図 

(C)まいじつ 

去る7月に亡くなったジャニーズ事務所・ジャニー喜多川社長の「お別れ会」が、9月4日に東京ドームで開かれる。出欠が注目された元『SMAP』の3人、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾は、招待状が届いていたにもかかわらず、早々に欠席を表明。スケジュールの問題としているが、少し頑張れば出席できるだけに、確執の根深さをうかがわせるばかりだ。

「ジャニーズ事務所と『新しい地図』3人をマネジメントする事務所『CULEN』(カレン)の溝は、どんどん広がっています。ジャニー社長のお別れ会に関して、稲垣らだけではなく、主だったジャニーズOBも招待していたことが判明していますが、最も注目を集めていた元『SMAP』3人は、すでに欠席で返事をしている。稲垣は当日、都内で舞台『君の輝く夜に』に出演、草彅は大阪で映画『台風家族』の舞台あいさつがあるからということですが…。お別れ会に出席しても2人とも間に合うため、やはり行きたくない理由があるということです」(芸能プロ関係者)

CULENの代表を務めるI氏が、今もってジャニーズ事務所に激怒しているからというのがもっぱらだ。

 

ジャニーズとの和解はありえない!?

「3人が退所するとき、ジャニーズ幹部は『絶対に邪魔なんかしない』と方々で言っていましたが、実際は全く違いました。いろいろなルートを使って動きましたが、ジャニーズの壁は高く、民放キー局にはほとんど出られない状態が続いた。業を煮やしたI氏が、シンパのテレビ局員を使って公正取引委員会に通報させた、というのが業界内の見方です」(テレビ局関係者)

この作戦は成功し、公取委は圧力をかけた疑惑があるとしてジャニーズを注意していたことが発覚した。これを契機に、香取が『スッキリ』(日本テレビ系)に出演するなど、風向きは変わった。それでもI氏はジャニーズの現体制、メリー喜多川副社長、藤島ジュリー景子副社長の母娘には今も恨み骨髄で、招待を断ったというのが真相だといわれる。

「I氏は今のジャニーズとは和解するつもりは一切ない。今後は圧力をかけられ干された〝被害者〟としての一面をどんどんアピールし、ジャニーズのひどいやり方を世間に訴えていく方針と聞いています」(同・関係者)

ジャニー社長のお別れ会で「SMAP」5人の再集結を夢見たファンも多かったが、まだまだ時期尚早のようだ。

 

【あわせて読みたい】