広末涼子「ひとり酒」報道…独身時代の“アブナイ兆候”再燃か

広末涼子 

(C)まいじつ 

女優の広末涼子に、少々〝危険な兆候〟が出始めているともっぱらだ。一部女性誌の報道によると、地元商店街の蕎麦屋で〝ひとり酒〟を楽しんでいるという。

「広末と酒…正直に言って、いいイメージではありません。昔の独身時代、東京・西麻布のバーやパブに深夜2時、3時に出没。売れないモデルや俳優みたいな男たちと連日のように酒席。いつの間にか男とどこかに消えてしまう生活をしていたことがありました。本当に乱れていましたよ」(芸能ライター)

当時、仕事は〝飲み過ぎ遅刻〟の常習犯。寝坊で撮影現場までタクシーに乗ったところ、サイフを忘れ無賃乗車なんていうメチャクチャな逸話もあった。

「和田アキ子には『あの子、セックス狂いじゃない?』とテレビ番組で言われたこともありました。当時の彼女は〝プッツン女優〟と呼ばれたものです」(同・ライター)

ある週刊誌記者の話はケッサクだ。何と2日間で3回会って、ついに広末と飲んだという。

「『A』という店に、広末が来るというので行ったのです。すると深夜2時過ぎに登場。誰か待っているようでキョロキョロ。広い店なので30分ぐらいカウンターで飲んで消えた。すると1時間後、また店にきてキョロキョロ。また30分で退店。そこで次の日、また行ったら再び彼女が登場。こちらに気付いて一緒に10分ぐらい飲ました。もうデロデロで、すぐ消えました」(週刊誌記者)

 

子育てひと段落で〝ひとり酒〟再び?

広末は、その後、遊び友だちのモデルAと結婚。1児をもうけたものの、相手がヒモのような状態で離婚。そして、今の夫であるアーティストのキャンドル・ジュン氏と再婚。現在は男の子2人、女の子1人の3人の子供がいる。

「長男は中学生、次男は小学生、長女は幼稚園に入り、〝見守り〟の時間はだいぶ減った。夫はキャンドルアーティストで、キャンドルイベントや被災地で鎮魂の儀式を行ったりしています。天災が続く中、ジュン氏は地方に祈りをするために行くことも多いようです」(女性誌記者)

子供も日に日に手が掛からなくなり、そのため、空いた時間に地元の蕎麦屋で〝ひとり酒〟をやっている姿が目撃されるようになったのだろうか。

「広末が行く蕎麦屋は地元で有名。だから彼女を見たさに来る客もいます。近所には昼間も酒が飲めるカフェ&バーがあり、そこにも彼女はよく行くようです。深めの帽子をかぶるだけでサングラスもなし。帽子を取るとバレバレで、スキだらけです。家にはお手伝いさんもいて、安心だそうですよ」(同・記者)

広末の〝アブナイ魅力〟再燃は、何ともワクワクする話だ。

 

【あわせて読みたい】