爆速で許される不倫!『偽装不倫』仲間由紀恵“甘やかし”に呆れ声

8月28日、杏主演のドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)第8話が放送された。この回でついに仲間由紀恵の不倫がバレたのだが、〝爆速〟で許される展開にツッコミが続出している。

32歳、独身、彼氏なしの派遣社員・鐘子(杏)が主人公。旅先で出会った年下のイケメン・伴野丈(宮沢氷魚)に出会い、咄嗟に既婚のフリをしたところから、まさかの恋がスタート。一方、鐘子の姉・葉子(仲間由紀恵)は、完璧な夫・賢治(谷原章介)がいるにも関わらず、ピンク頭の年下イケメンボクサー・風太(瀬戸利樹)に独身と偽って〝本当の〟不倫をしている。

第8話では、話の流れから、葉子が既婚者であることを鐘子が風太にうっかりバラシてしまう。すると、風太は少し落ち込んだ様子を見せながらもすぐに事態を受け止めて、「僕は男だから大丈夫!」「不倫とはいえお互いちちゃんと好きで、愛し合ってて」と瞬時に立ち直る。葉子を責めるなどは一切なかった。

画/クロキタダユキ (C)まいじつ 

これには、

《あっさりと不倫という設定を飲み込む風太メンタル激強》
《風太の不倫を受け止めるスピード早すぎるだろ…》
《風太…不倫というハードルをあっさりと飛び越えたな》

など、風太の立ち直りスピードに驚きの声が。

 

あんなに怖かった谷原章介も…

また一方で、この回では賢治にも葉子の不倫がバレることに。現実逃避的な行動をする賢治に、葉子が声をかけると、賢治は「認めたくないに決まってるだろ。自分の奥さんが不倫してるなんて!」と激高する。

しかしその後、葉子が風太と別れる決意をすると、賢治の調子はいつも通りにすぐ戻る。葉子の両親も交えて4人で一緒にランチへ行こうとするなど、笑顔を取り戻すのだった。

画/クロキタダユキ  (C)まいじつ 

この賢治の、葉子を許すスピードにも

《え、待って? 賢治はもう許したの?》
《え、葉子と賢治はもう仲直り? こんなので? 許しちゃだめでしょ》
《もう谷原のターン終了なの? 早くね?》

など驚きの声が上がっていた。

なかなか物語が進まないと揶揄され続けていたドラマ。しかし、男性陣の立ち直りスピードは、史上最速レベルだろう。

 

【あわせて読みたい】