宝塚男役スターのビキニ写真に激怒!“ヅカファン”独特の世界観

(C)Kristina Gorokhova / Shutterstock

宝塚歌劇団・星組の男役二番手で、次期トップの就任が確実視されている礼真琴の〝ビキニギャル写真流出〟を『週刊文春』が報じ、話題になっている。

礼は2007年に宝塚音楽学校に入学。在学中は常に成績トップで、周囲からも一目置かれる存在だったという。09年に宝塚歌劇団に入団するとメキメキと頭角を現し、ファンからも絶大な支持を得た。

「流出したのは礼の入団4年目当時の写真です。プライベートでプールに訪れた際、ビキニ姿でVサインしている礼の姿があまりにも〝ギャル〟っぽいと話題になり、一気に広まりました。また、男友達と飲み会している写真も同時に流出しており、男役の礼が〝女〟を見せていることに、熱烈なヅカファンが激怒しています」(宝塚ウオッチャー)

ネット上では、

《あー、礼さんも女だったんだなぁ》
《何か夢が覚めたような感じ。礼推しはやめることにする》
《凛々しい姿が素敵だったのに、これじゃどこにでもいるただのギャルみたい》

など、批判的な声が殺到しているが、一方で、

《え、何が悪いのかよく分からん》
《プライベートでビキニ姿になるとたたかれるのか。宝塚ファンすげーな》
《全く理解できない。セックス写真でも流出したのならともかく、プールで遊んでるだけでしょ?》

など、宝塚独特の〝世界観〟が理解できないという声も広がっている。

 

海パン履いてりゃ良かったのか

「宝塚ではファンの夢を壊してしまうという理由から、男役がスカートやヒールを履くことはNGなんです。流出した写真は礼の友達のツイッターに投稿されたもので、芸名も隠さず載せられていたことから、入団4年目とはいえ、配慮が足りませんでしたね。礼自身もSNSの拡散の怖さを甘く見ていたのでしょう。若手のときはスルーされていましたが、次期トップにまで登り詰めた今、アンチが格好のたたき材料にしているのです」(同・ウオッチャー)

芸能人にとってスキャンダルは致命傷だが、プライベートのビキニ姿がヤリ玉に挙がるのは宝塚だけだろう。ネット民からも「プライベートくらい自由にさせてやれよ」という声が上がっている。

宝塚に関しては後援会のファンと劇団員の間で金銭的なつながりが指摘されるなど、独自過ぎる感覚がまかり通っている。ディープなファンになればなるほど金が飛んでいくシステムで、トップにでもなれば高級外車がプレゼントされることもあるという。

愛人が裏切り行為をすれば捨てられるだけ。しばらくの間は、礼にとってヒヤヒヤもの毎日が続くことだろう。

 

【画像】

Kristina Gorokhova / Shutterstock

【あわせて読みたい】