福原愛の結婚記念日SNSが炎上…“幸せアピール”がウザ過ぎる!?

福原愛 

(C)まいじつ 

〝幸せアピールの場〟と呼ばれるケースも多いSNS。露骨に「いいね!」されるのを待っているような芸能人の投稿にイラッとさせられるのは、もはや日常茶飯事だ。近ごろネット上では、元卓球女子選手・福原愛の投稿内容に注目が集まっている。

9月1日、福原は自身のツイッターを更新し、夫で現役の卓球選手、江宏傑とのツーショット写真を公開。《3回目の結婚記念日でした》《感謝の気持ちを忘れず、毎日を大切に過ごしていきたいと思います》とつづられた投稿からは、仲むつまじげに肩を寄せ合う夫婦の様子が確認できた。

しかし、やはり露骨な幸せアピールは万人の理解を得難いもののよう。ネット上では、

《最初は微笑ましかったけど、最近アピールし過ぎな気がする》
《ちょっとクドいかな。結婚して3年もたてばそろそろ落ち着いても良いころなのに》

などといった冷めた声が…。また、料理をアップで撮った写真で、やたらと福原の腕に着けられたブレスレットが目立っていることから、

《ブレスレットのハートが見える角度で撮ってるけど、そんなにアピールしたいのかね》
《「ブレスレットかわいい!」「ネイルもおしゃれでかわいいですね!」みたいなコメント期待してるのがバレバレ》
《ニオわせ写真のお手本のようだ》

などといった指摘も相次いでいる。

 

空回りする幸せアピール

結婚後、やたらとツーショット写真をアップする福原だが、もっと早い段階から彼女の幸せアピールに嫌悪感を抱いていた人が多かったようだ。

「結婚してから3年たっても幸せ絶頂にいる福原ですが、新婚当初は幸せアピールの熱がさらに高まっていました。2017年2月5日に行われた二度目の披露宴の舞台は、東京ディズニーランド。数多くのアスリートを招いて行われ、翌日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)ではパーティーの盛大さが報じられました。しかし、視聴者の度肝を抜いたのは引き出物のセンスでしょう。何と2人の写真がプリントされた卓球ラケットが来賓客に配られたのです。ネット上では『こんなのもらっても困るだろ』『浮かれ過ぎて、こういうもの作っちゃうタイプだったんだ…』などといった声が多数上がっていました」(芸能ライター)

結婚3年目を迎えても、衰える気配のない福原の幸せアピール。現役時代のプレースタイル同様、粘り強く続いていくことだろう。

 

【あわせて読みたい】