『ルパンの娘』公式があっさりネタバレでツッコミ続出「心配したのに…」

8月29日に、深田恭子主演のドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)第8話が放送された。次回予告でのあっけないネタバレにツッコミの声が続出している。

主人公の三雲華(深田恭子)は、泥棒一家〝Lの一族〟(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘で、家族の誰よりも盗みの才能を持つものの家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくため図書館司書として働いている。しかし、結婚を考えている恋人・桜庭和馬(瀬戸康史)は〝警察一家〟の長男。同作は、2人の禁じられた恋を描くラブコメディーとなっている。

第8話では、警察に〝Lの一族〟の正体が三雲家だとバレ、華たちが全国に指名手配されてしまう。家族そろって行動するのは危険とのことで、華は父の尊(渡部篤郎)、母・悦子(小沢真珠)、兄・渉(栗原類)、祖母・マツ(どんぐり)たちとそれぞれ別れて、単独で行動することになった。

その後、満足に食事も出来ずに街をさ迷ううちに倒れてしまった華は、スナックのママ・薄井佐知(遠野なぎこ)にかくまわれることに。しかし、別のスナック店員の裏切りによって、ついに警察に居場所がバレてしまう。華を逮捕しにやってきたのは、和馬だった。

和馬は華を抱きしめたのち、「すまない 華…」と手錠をかける。華はそのままパトカーに乗せられ、警察署に移送されていく中で第8話が幕を閉じた。

 

次週までドキドキしないで済む制作側の思いやり

この悲劇的な結末に、視聴者からは

《えーーーーーーーー!!!!!》
《つらいよおおおお》
《一緒に逃げると思ってた!》
《嘘でしょーーーー》

など、悲痛な叫びが上がった。しかし直後に流れた次回予告映像では、華は自宅に戻っており、警察に取り調べされている様子もなかった。

ルパンの娘 

画/クロキタダユキ  (C)まいじつ 

ルパンの娘 

画/クロキタダユキ  (C)まいじつ 

すると、

《予告であっさり出てきてるのですがそれは》
《華、捕まったと思えば 予告でもう抜け出してて草》
《警察に捕まって「えええ」って思ってたのに、次回予告では家族の元に居るっていう。 気持ちのおさまりが早い》
《来週どうなっちゃうの〜って心配してたら、予告が特になんともなかったので落ち着いた》

など、盛大なネタバレに驚きつつも、安堵する声も上がっていた。

果たして華と和馬の恋はどうなってしまうのだろうか。

 

【あわせて読みたい】