国分太一『ビビット』失敗でもゴールデンMC就任“ハンパない厚遇”のナゾ

国分太一 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

『TOKIO』の国分太一がMCを務めるTBS系の朝の情報番組『ビビット』が、9月いっぱいで終了する。同番組は前身番組から5年半、国分がMCを担当。タイトルや内容をリニューアルしてきたが、結局は視聴率が上がらず、番組そのものがようやく打ち切りとなる。

「朝の情報番組はニュースと娯楽性とはいえ、国分と真矢ミキのMCというのは当初から疑問視されていました。ここ1、2年は平均視聴率2%台で1%台を記録することもあったようです。正直、2人にニュースは無理でした」(テレビ雑誌編集者)

国分、真矢の他、元NHKの堀尾正明が特別MCとして解説などを担当していたものの、

「国分はネタを取り上げる際、『難しいことは分かりませんが――』と、堀尾やゲストに振るのがパターン。自分でまとめることができません。真矢に至ってはコメンテーターのように一言二言しゃべって終わり。2人とも、むしろジャマなだけといった感じでした」(同・編集者)

後釜番組として、9月30日から『グッとラック!』が新たに放送されることが明らかになっている。MCは立川志らくが務め、国分はサヨウナラだ。

「とはいえ、TBSは国分ベッタリ。『ビビット』の低迷だって昨日今日の話ではありません。国分の奥さんは元TBSの社員。親族には局の重役もいるようで、コネで無能な国分を使い続けてきたと局内ではもっぱらなのです」(芸能記者)

 

国分需要そんなにあるか?

そんなわけもあってか、国分にはまだまだ厚遇が続く。10月より渡辺直美とともにMCを務めている深夜バラエティー『世界くらべてみたら』が、水曜夜8時スタートのゴールデン枠に昇格するというのだ。

「裏番組には所ジョージの高視聴率番組『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』(日本テレビ系)が待ち構えていますから、対抗どころか苦戦が予想されています。なぜ、そこにまた国分の番組を持って来るのか不思議過ぎます」(TBS関係者)

現在、国分の個人でのレギュラー司会は週5本もある。ジャニーズ事務所きっての売れっ子だ。

「各局のジャニーズ離れが加速する中、月曜から金曜の帯番組『ビビット』が落ちるのですから痛い。そこでジャニーズは『世界くらべてみたら』のゴールデン進出を要求。分かりやすい話です」(前出のテレビ雑誌編集者)

コネと強圧が視聴率に結び付けばいいが、そうそううまくいくだろうか…。

 

【あわせて読みたい】