野村周平“生放送”での態度の悪さ指摘に逆ギレで炎上「謙虚さがゼロ」

(C)Aaron Amat / Shutterstock

俳優の野村周平が、9月4日に放送された『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に出演。しかし、視聴者から「態度が悪い」との指摘が相次ぎ、ツイッターでは〝野村周平〟がトレンド入りする騒ぎになってしまった。

来月公開の映画『WALKING MAN』に主演する野村は、同作のプロモーションとして「ヒルナンデス!」に出演。オープニングトークでは早速、MCの南原清隆から服をイジられたが、絡みづらそうな様子でそっけない反応を見せてしまう。日頃あまりバラエティーに出演しないためか、その後も低いテンションで映り続け、話を振られて真顔で返答する場面も目立った野村。するとネット上には、

《ゲストの野村周平 態度悪くない?》
《だるそうな感じやめてほしい》
《みんなが気遣ってるの画面で伝わってきて気分悪いわ》
《心ここにあらずって感じでおかしな空気》

など、批判的な声が続出してしまった。そして、こうした事態は本人の目にも止まっていたようだ。

 

映画イベントで弁明も再び批判に…

翌5日、野村は映画の完成披露上映会に出席。イベント中、劇中で流れる『なめんな』という曲にちなんだ「最近『なめんな!』と思った出来事」を聞かれると、「言っちゃっていいんですかね?」と悩みつつ、「昨日某テレビ局の生放送に出演したら、『野村周平』がTwitterでトレンド入りして。『いいことで載ったのかな?』と思ったら、『生放送での態度が悪い』という理由だった」と、今回の出来事に言及していった。

共演者の〝ほっしゃん。〟こと星田英利から「何か思い当たる節はないの?」と突っ込まれると、野村は「めっちゃ真面目に頑張っていたのに!」「なめんな! という話。生放送はしんどいねん!」と、当時の思いを弁明。しかし、こうしたコメントが言い訳のように映ってしまったのか、ネット上には、

《こうやってすぐ反応して怒るから嫌われるよね…》
《いや、あの日は態度悪かったよ》
《こんなコメントしちゃうところを見ると、批判されても仕方ないと思う》
《謙虚さが全くないんだよね》

などと、再び厳しい意見が相次いでしまった。

ビッグマウスで知られる野村だが、意外にもネットのトレンドや反応は気にしているようだ。

 

【画像】

Aaron Amat / Shutterstock

【あわせて読みたい】