ウーバーイーツ前途多難…「食べ物を扱う意識が低過ぎる」の苦情激増

(C)Prostock-studio / Shutterstock

お気に入りのレストランの料理を指定した場所に配送するフードデリバリーサービス『Uber Eats』(ウーバーイーツ)に苦情が殺到している。

ウーバーイーツは、客がレストランに注文すると、レストランがアプリに登録した一般人に配達を依頼。依頼された人は配達を済ませると報酬が得られるという仕組みで、たちまち大人気になっていたが、その陰でさまざまな問題が露呈してる。

「時間の空いているときに手軽にアルバイトできるとあって、配達員に登録する人が増えているのですが、中には意識の低い者も多く、配達トラブルが頻発しています。特に多いのが、雑に食品を扱い中身がぐちゃぐちゃになるケースです。これはレストラン側が宅配用にきちんと食品を詰めないなど、不慣れな部分もありますね。また、食品を扱っているにもかかわらず、かばんを地面に置いたりするなど、衛生面の悪さを指摘する声もあります」(業界紙記者)

さらにはシステム上の問題を多数抱えており、配達員に対する理不尽なクレームも急増している。

大学生のEさんは、ウーバーイーツの配達員歴2カ月。最近はとんでもないクレーマーに遭遇することも少なからずあるという。

「基本的に数をこなさなければ稼げないので、必死に配達しているのですが、時間が遅いなどのクレームはしょっちゅうありますね。また、中身が偏っていたり、ぐちゃぐちゃになってしまったというお叱りも受けます。基本的にはかなり注意して配達しているのですが、お店の梱包が悪い場合はどうしようもありません。そのせいで悪い評価を得るのは配達員ですから、理不尽ですよ。配達員を軽く見ている客も多く、辞めていく人も多いですね」

 

配達途中に女性を物色

一方、8月23日には配達員と見られる男が、帰宅途中の10代の女子大生の体を無理やり触るなどのわいせつ行為をしたとして逮捕される事件もあった。男は配達途中に女性を物色していたと言い、逮捕の決め手は配達用の自転車だったという。

「男の身勝手な犯罪行為ですが、逮捕によって配達員のイメージが悪化する恐れがありますね。配達員はウーバーイーツと業務委託しているだけで、会社員などとは違います。どんな人間が働いているかは客には一切分かりません。個人宅などにも配達されるので、独り暮らしの女性などは敬遠する人も増えるでしょうね」(前出の記者)

画期的なシステムで都心部を中心に瞬く間に広まったウーバーイーツ。しかし、内情はトラブルが絶えないようだ。一生懸命に自転車をこいでいる配達員がいる一方で、商品を雑に扱うなど、意識の低い配達員がいるのも確か。システムをよく理解して便利に活用したい。

 

【画像】

Prostock-studio / Shutterstock

【あわせて読みたい】