EXIT兼近“反省ゼロ”の謝罪文「被害者はいない」に批判の声続出

(C)Eugenio Marongiu / Shutterstock

〝チャラ男だが実は真面目〟というキャラクターでブレーク中のお笑いコンビ『EXIT』兼近大樹が、2011年に売春防止法違反の疑いで北海道警厚別署に逮捕されていたことが、9月5日発売の『週刊文春』で報じられた。

「記事によると兼近の逮捕容疑は、札幌市の高校3年の女子生徒(当時19歳)に、携帯電話の出会い系サイトを通じて知り合った男性と市内のホテルでいかがわしい行為をさせ、現金1万5000円を受け取らせたというもの。兼近は容疑を認め罰金刑の有罪判決を受けました。また、本人は否定していますが、窃盗によって拘束されたという疑惑もあるようです」(芸能記者)

そんな兼近だが、留置所で又吉直樹の本に出会い、更生を決意。地元での仕事や人間関係を精算し、お笑い芸人を目指すために上京したという。

ネット上では兼近の過去を「許す」という声と「許さない」という声が入り乱れているが、兼近がこのたびツイッターで出したコメントが新たな問題となった。

それは謝罪をするとともに、

《この件は被害者が居なかったかもしれませんが法に裁かれずとも俺はたくさんの人に迷惑を掛けたり傷付けてしまったりして生きて来ました》

など、暗に自分の罪を弁解するものだった。

 

加害者意識が微塵もない

これにネット上では、

《被害者がいなかったとか言ってる時点で反省してない》
《被害者がいないとか言える時点でありえない。普通の人の感覚じゃないよね。無理だ、女の敵》
《被害者がいないという言葉に引いた。売春やっちゃう女って病気なんだよ。精神の。それを普通の人間ならやめさせようとする。私はそんな少女を後押しして金をもうける奴は加害者だと思う》

など、厳しい声が上がっている。

「少女が売春を望んでいたため〝被害者はいない〟で済まされるなら、合意の上の淫行も問題ないことになってしまいます。当時の未成年だった兼近がそのような考えだったとするなら百歩譲ってまだ分かるのですが、立派な大人になった今も同じ考えを持っていることは、反省ゼロと言われても仕方ありません」(芸能記者)

ベビーシッターを副業でしている兼近だけに、この倫理観は問題になりそうだ。

 

【画像】

Eugenio Marongiu / Shutterstock

【あわせて読みたい】