馬場ふみか“ふみカップ”揉まれまくり体当たり演技に拍手鳴りやまず

馬場ふみか 

(C)まいじつ 

モデル、グラビア、女優とマルチに活躍する馬場ふみかが、9月5日深夜放送のドラマ『名もなき復讐者 ZEGEN』(関西テレビ)第2話で、自慢のEカップ巨乳を揉まれまくる体当たり演技を披露した。

同ドラマは女を斡旋する女衒(ぜげん)の復讐劇を軸に、日本の闇を描いたダークエンターテインメント作品。馬場は闘病中の夫の治療費を稼ぐために日本のマッサージ店で働く中国人女性・李雪蘭(リ・シュウラン)を演じており、第2話では慣れないながらもマッサージ店の仕事を順調に続けていた。

マッサージ店の描写は再現度が高く、過激なサービスや本番を強要する客も描かれている。雪蘭は男性客から「プラス1万払うから…本番」と要求され、「ワタシ、日本語ワカラナイ」と煙に巻こうとするも、「お金出すから…お願い!」と抱きつかれてしまった。

 

後ろから激しく…に「めちゃ頑張った!」の声

さらにドラマの後半では、〝AKB風〟の制服コスプレで施術中、興奮した客に後ろから胸を揉みしだかれるシーンが。その揉み方はなかなかに激しく、ブレーク中の女優とは思えないほど体を張ったシーンとなっている。「オ客サン…寝テテ」と拒否するも客の興奮は止まらず、そのまま覆いかぶさって押し倒されそうになってしまった雪蘭。一連のシーンは嫌がる表情のリアルさも相まって「エロ過ぎる」と話題になり、ネット上には、

《ふみふみやべー! コードブルー女優なのにたまらん》
《ZEGEN良いな! 馬場ふみかにやらせるのがいい》
《馬場ふみかそこまで頑張らんでも》
《めっちゃ頑張ったなこれ》
《馬場ふみかクラスでもこんなシーンやってくれるのか…》
《うらやましい…》

などといった感想が上がっていった。

ローカル局放送の深夜ドラマでありながら、ここまで体を張ったシーンに挑戦した馬場。その見事なチャレンジ精神は、モデルやグラドルから〝本格女優〟へ転身するという決意の表れに違いない。

 

【あわせて読みたい】