丸山桂里奈が購入決めた“別荘”に心配の声「スゴいとこに建ってる」

丸山桂里奈 

(C)まいじつ 

タレントの丸山桂里奈が9月9日、『有吉ゼミ』(日本テレビ系)に出演。別荘を探すロケで、熱海の物件を購入することを決めた。別荘購入は「両親のため」と話した丸山だったが、視聴者からは「その物件はマズい」と指摘する声が飛んでいる。

丸山が別荘を探す企画には、坂上忍とレッド吉田が同行した。VTRの冒頭で、丸山は「中学校のときにグレまくった」とポツリ。家出を繰り返し両親に迷惑を掛けた償いにと、貯金をはたいて年内に別荘を買いたいと明かした。予算は2500万円で、よく旅行で訪れるという熱海で物件を探した。

 

「崖の上の物件に住むのはちょっと…」

丸山は1軒目に紹介された物件に大いに満足した様子。いきなり「買います」と宣言し、坂上は大いに驚いていた。複数の物件を巡るロケの都合もあり、レッド吉田から「他を見ると(気持ちが)揺らぐ可能性があるじゃないですか」とたしなめられ、他の物件も内見することに。しかし、比較検討しても1軒目の物件を購入するとの意思は変わらなかった。

購入を決めた物件は3150万円で、4LDKの広々とした造り。築34年だが、最近1400万円をかけてリノベーションを施した物件だという。今後、丸山は念のため他の物件の内見も続けるというが、100万円の手付金を払って今回の物件を〝キープ〟するという。

物件を即決した丸山に、視聴者は大いに驚いた様子。丸山の決断力の高さを称える声が続出した一方で、購入予定の物件は、両親を住まわせるには不便だとの声も。丸山らは内見の際、急な坂道を上りながら家を目指していた。これに視聴者は「高齢者が住むには坂が急過ぎる」と指摘していた。

《峠道の崖? すごいとこに建ってる》
《この物件は崖物件やからちょっと…》
《崖物件嫌すぎるww 毎年自然災害が起きてるから尚更嫌》
《崖物件って、地震のとき簡単に滑り落ちるんじゃないの???》

両親の意見をあえてスルーしようとしているのだろうか…。

 

【あわせて読みたい】