Kōki,のインスタから“美脚”消え騒然…「さすがに自重したのかな?」

Kōki,

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

木村拓哉と工藤静香の次女でモデルのKōki,のインスタグラムに、ある〝変化〟が見られるとネット上で話題になっている。

Kōki,といえば、インスタグラムの投稿写真が幾度となく「修正しているのではないか」と指摘され、物議を醸してきたが、ここ最近は、問題視されていた厚底靴や長く見せていた脚を封印しているという。

ネット上では、

《最近、脚見せないよな。じわじわ効いてきたか》
《あれだけ修正疑惑が広まったら、さすがに自重するだろ》
《まだ安心はできない。そのうちシレっと脚長自慢するに決まっている》

など、さまざまな声が上がっている。

「公称身長170センチを自負するKōki,ですが、過去の疑惑画像を検証した結果、母親の工藤静香と同等の163センチ程度が本当なんじゃないかといわれています。当初はそんな指摘もどこ吹く風で、フォトショップによる修正画像を投稿し続けていましたが、ここに来て、さすがにやり過ぎと思ったのか、全身写真を封印しているのです。結局、どんなに画像を〝盛って〟も、人前に出ればすぐにバレるだけ。現在は、雑誌の表紙やグラビアを中心に活動しているため大きな問題になっていませんが、今後、テレビなどに出演した場合を考えて方向転換したのかもしれません」(芸能記者)

 

母親譲りの自己顕示欲もトーンダウンか

8月18日には黒のビキニ姿でカーキ色の肌を露出させ、英語で《皆さん夏をどうお過ごしですか?》とコメントしたKōki,だったが、なぜか自慢の美脚をここでも封印している。スタイルを披露するには絶好の全身水着姿を見せなかったことに、

《水着じゃ修正難しいのかなw》
《自信満々のスタイルを披露しないなんておかしいよねw》
《まぁ、見るからに貧乳だし、自信がないんだろ》
《前にも水着姿をアップしていたけど、下半身はフレームアウトしてたよね》

など、鋭い指摘が飛び交っている。

「一方で、8月27日に母親の工藤静香が水着姿を公開し、大きな話題となりました。こちらは惜しげもなく全身を披露しており、逆に『40代のビキニ姿とか誰得だよ』などと皮肉る声が上がっていました。Kōki,の自己顕示欲の強さは母親譲り。ぜひとも次の機会には、親子水着2ショットを期待したいところです」(同・記者)

シャネルのランウェイデビュー動画では、周囲のモデルとあまりにも身長差があることが明白になり〝公開処刑〟と揶揄されたのは記憶に新しい。関係者の間からは「来年は映画出演も視野に入れている」という話もあり、いつまでも〝修正写真〟を投稿し続けるのはマズイという判断が下ったのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】