キンコン梶原『しくじり先生』で“あの問題”に触れず批判続出

(C)STUDIO GRAND WEB / Shutterstock 

ユーチューバー・カジサックとしても活動する『キングコング』の梶原雄太が、9月10日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に出演。自身の〝しくじりエピソード〟を語ったが、ネット上では「肝心な〝しくじり〟が語られていない」とブーイングが上がってしまった。

梶原が番組内で語ったのは、多忙により限界を超えてしまったため、2カ月半にわたり失踪したという2003年の出来事。当時、『はねるのトびら』(フジテレビ系)のヒットで人気芸人の仲間入りを果たしていた時期だけに〝しくじり〟となってしまったが、芸人仲間や母の言葉に救われ、復帰がかなったと振り返った。

さらに、梶原はその後の〝しくじりエピソード〟として「鬼すべりしてテレビから消えた」と語り、4年前に芸能界引退を覚悟したことも告白。しかし、このときはお笑い界の巨匠である上沼恵美子に救われ、ユーチューバーとして再ブレークを果たすに至ったと説明していった。

 

最大の「しくじり」をなかったことに?

しかし、多くの視聴者は「真の〝しくじり〟は別にある」と感じたようだ。

梶原といえば、先輩である『次長課長』河本準一の母親が生活保護を〝不正受給〟していたと報じられ、猛バッシングに遭った2012年、自身の母親も同様のことをしていたと告白。そのタイミングもさることながら、受給の理由が「マンションのローン返済で生活に困っていた」といったものだったことから、違法な受給ではないものの多くの批判を浴びた過去がある。

こうした騒動が番組内で語られなかったことから、ネット上では、

《思ってたのと違ったわ》
《生活保護について全く触れなかったのか》
《なかったことにする気マンマンやな》
《明らかにいじるネタが他にあるのにそれに触れないで別のとこネタにするって》
《梶原のやらかしっていったら何と言ってもナマポ不正受給やろ》

などといった不満が噴出してしまった。

どうやら今回の放送自体が、「しくじったことを語らなかったことで批判を浴びた」という新たな〝しくじりエピソード〟になってしまったようだ。

 

【画像】

STUDIO GRAND WEB / Shutterstock

【あわせて読みたい】