『嵐』活動休止中に結婚ラッシュ!? 相葉雅紀は既に相手の親と…

嵐  相葉雅紀 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

来年いっぱいで一時活動を休止する『嵐』の相葉雅紀が、一般女性と7年にも及ぶ極秘交際をしていると、9月12日発売の『週刊文春』が報じた。

記事によると、お相手は関西出身の一般女性で、お互いマスコミに気付かれないよう細心の注意を払って交際していたとのこと。「嵐」のライブも一般人に紛れて鑑賞していたそうで、ファンに影を見せないというその徹底した〝プロ意識〟ぶりから、

《彼女さんがアイドルの彼氏として徹底的で完璧過ぎる》
《ニオわせまくってる女に比べてぜんっぜんいいよ》
《こんな彼女に7年間もだったら信頼できる》
《また荒れるのかなーと思いきや意外と荒れてない》

など、かえって好感を持たれる現象まで見受けられる。

さらに同誌は彼女の実家にも取材を行ない、父親は「今年の正月に、娘から相葉を電話で紹介された」と答えている。また、父親は結婚についての思いも語っており、相葉の身に〝結婚〟が迫っているようだ。

 

メンバー続々結婚の予兆?

衝撃的にも思えた今回のエピソードだが、相葉は現在36歳と、結婚して家庭を築いていても全くおかしくはない年齢。他の「嵐」メンバーも36~38歳と同様で、活動休止も含めてさまざまな憶測が囁かれている。

「現在、『嵐』は全50公演で237万人を動員する国内最大規模のコンサートを開催中。6月リリースのベストアルバムは200万枚を突破、11日発売の新曲も初日で34万枚を売り上げるなど、〝活動休止〟を前に大忙しの状態です。そして、活動休止で仕事がひと段落したら、事務所から〝労働の対価〟として結婚を許されるのではないかともいわれています。休止中には、相葉をはじめ熱愛報道のあった二宮和也、松本潤らが結婚し、再開後はメンバーの大半が既婚者の新たな『嵐』となっているかもしれません」(芸能ライター)

現在、相葉の故郷である千葉県は、台風の影響で生活もままならないほどの被害を受けている。もし相葉が結婚すれば、被災地に明るい希望を与えるニュースとなるのだが…。

 

【あわせて読みたい】