もえのあずき31歳“セクシー路線”へ業界内賛否…大アタリか大爆死か

(C)DK samco / Shutterstock

『爆食女王』として、このところ徐々にメディア露出が増えている〝もえあず〟こともえのあずきが、セクシー路線にかじを切ると評判だ。実現すれば異色のモデルとして話題になりそうだが、一方で「無謀」という声も上がっているという。

「ほどほどの知名度がありますから、期待もあります。一方、素材そのものはどうでしょう。セクシー出版でよく使う〝キワモノ系〟になってしまう可能性もあります。キワモノというのは絶対売れるという直球勝負の素材ではなく、大アタリか大ハズレかの両極端です」(写真集編集者)

とにかく、売り物だけは数多くある。大食いの女王であり、アイドルグループ『エラバレシ』のメンバー。31歳ながら「もえもえきゅん」というキャッチフレーズを引っ提げる〝合法ロり〟なビジュアルも話題だ。

「つんく♂が発掘に関わっているとされますが、ファミリーというほどでもない。『エラバレシ』自体は、秋葉原のカフェで歌って踊る地下集団みたいなもの。7人構成らしいのですが、普通の人は彼女以外、顔と名前も分からないはず」(芸能ライター)

大阪府出身で、関西の名門、同志社大学経済学部卒。大学時代に1年間の米国留学の経験があり、彼女自身、株式の投資家であることも明かしている。

「両親とも投資家らしく、留学経験などから相当のお嬢様とされ、父親は関西の中堅企業のオーナー社長だという説もあります。学生時代から『モーニング娘。』に憧れていて、夢が捨て切れず上京。秋葉原のアイドルになったといいます」(同・ライター)

 

急激に露出度アップ!

大食いで有名になったのは2012年、TOKYO MX『つんつべ♂』番組内の企画「つんつべ♂大食いアイドル選手権」で優勝したことがキッカケだという。

「よくテレビで見掛けるようにはなりましたが、いまひとつメジャーになれない。それこそ料理でいえば〝付け合わせ〟のような感じです。大食いではギャル曽根と双璧なのですが、存在感はギャル曽根の方がまだまだ上」(アイドル雑誌編集者)

そんなもえあずに、最近、大きな変化が見られるという。

「この夏場から自身のインスタグラムで、やたら水着姿を披露しています。それもすごい露出で、ハンパない過激さ。今後、この路線でのブレークを狙っているともっぱらの評判なのです」(同・編集者)

身長156センチと、やや小柄できゃしゃな体付き。それでいてFカップ以上は確実といわれる巨乳の持ち主。「無謀」などという声は業界内だけであり、ファンは大歓迎に違いない。

 

【画像】

DK samco / Shutterstock

【あわせて読みたい】