『関ジャニ∞』内部に裏切者が!? “情報ダダ洩れ”で疑いの声続出

関ジャニ∞ 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

昨年4月に渋谷すばるが脱退し、今月末には人気メンバー・錦戸亮の脱退も控えるなど、ここのところ悲しいニュースが続いている『関ジャニ∞』。事務所内部や関係者が動揺しているのは想像に難くないが、振り返るとその統制については、疑問視せざるを得ない出来事が続いていたと言っていい。

9月3日、グループはデビュー15周年の5大ドームツアー千秋楽を東京ドームで迎え、2日後に公式サイトで錦戸の脱退・退所を発表。しかし、錦戸は今年3月に『週刊文春』で「夏にも発表予定」と脱退が決まっていることをリークされており、公式に否定コメントがないままファンは半年もの間〝生殺し〟に遭うこととなった。

また、14日配信の『文春オンライン』は、ツアー最終盤の9月1日、東京ドーム公演を終えた横山裕がライブ関係者を含む女性3人、男性1人とともに焼肉店を訪れていたことを報道。同現場の横山が未成年の参加女性にデレデレとしていたことなどを挙げ、〝グループが大変なときに能天気〟〝未成年のいる席で飲酒をするのはどうなんだ〟〝まさかその女性にも飲ませたのでは?〟といった批判的な論調で記事を結んでいる。

 

関ジャニ関係者の口は軽い?

女性同伴とはいえ、既にアラフォーである横山がツアー後に打ち上げ感覚で飲んでいたという、大したスキャンダル性はない同記事。むしろ、一部のファンが問題視したのは、飲み会の様子や横山の発言が詳細に掲載されたことだ。

「記事内で飲み会の様子がかなり鮮明に記事化されていたことから、参加者の誰かがボイスレコーダーでも回していたことは明白。1日夜に行われて14日に配信されているというスピード感からも、『文春』にリークした者がいることは間違いないと見ていいでしょう。そして一部のファンは、錦戸の脱退報道や今回の飲み会報道のように、『関ジャニ』の身内に口の軽い関係者がいることを問題視しているのです。錦戸のときも、『文春』は関係者や知人への取材で脱退情報をつかんだとしていますし、情報のコントロールが取れていない状況が続いているようです」(芸能記者)

思えば、渋谷の脱退に関しても、公式発表の直前に第一報をスッパ抜いたのは『フライデー』だった。そう考えると、「関ジャニ」に関してはリークとも言える動きがあまりに続いており、自ら記者会見を開くまでどこにも活動休止をかぎ付かれなかった『嵐』とは大きな差があると言っていいだろう。

「関ジャニ」の状況が状況だけに、ダダ漏れとも言えるこうした動きにファンが敏感になるのは仕方ないこと。事務所やメンバー一同は、今一度情報統制をしっかりと行うべきかもしれない。

 

【あわせて読みたい】