ファンだけではなく相撲関係者も全員期待している稀勢の里の綱取り

「協会首脳は祈るような思いで見つめています。もし稀勢の里が挫折してしまえば、この相撲人気もたちまちしぼんでしまうのは目に見えています。休場した横綱の白鵬(31)でさえ『今度は闘うのではなく応援する立場に変える。ぜひこのチャンスをものにしてもらいたい。そうすれば4横綱の時代が始まる』とエールを送っていました。もう協会、ファンとも一丸。こんなに待ち焦がれている綱取りは珍しい」(担当記者)

ただ、気になったのが場所前の調整ぶりだ。秋場所直前には、二所ノ関一門の連合稽古や、佐渡ケ嶽部屋などへの出稽古で調子を上げ「いい稽古ができた。内容がいい」と稀勢の里は手応えを感じていた。しかし、夏巡業の前半は右足首を痛めて休場しており、9月2日に行われた横綱審議委員会の稽古総見でも、2連覇を目指す日馬富士(32)に8戦全敗と徹底的にやられてしまい、不安をのぞかせている。

そのため、稀勢の里の初日の取組には大注目が集まった。対戦相手は隠岐の海。立ち合いから圧力をかけて前に出たが、あせりからなのか不十分な状態で体を預けてしまい、体を簡単に入れ替えられてあっけなく寄り切られてしまった。

館内には、いままで聞いたこともないような落胆のため息の音が響いた。