持田香織『まだ結婚できない男』“ソロ主題歌”決定にファンから不満が…

持田香織 

(C)まいじつ 

10月8日からスタートする阿部寛主演ドラマ『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)で、持田香織が前作に引き続き主題歌を担当。曲は前作の『結婚できない男』で『Every Little Thing』として歌った『スイミー』をセルフカバーした曲『まだスイミー』になるという。これにドラマファンから喜びの声が多く上がっているが、不安な点も…。

今回の主題歌起用は、主演の阿部寛が熱望したもので、

《『結婚できない男』といえば〝スイミー〟。この曲の明るさは、ドラマにとても合っていて、好きだとおっしゃってくださるファンの方は本当に多くて。今回も、スタッフと相談して、ぜひ〝スイミー〟でいきたいとリクエストしたところ、快諾いただいて、とてもうれしかったです》

と語っている。

また、持田も「続編があるというお話をいただいたときにすごくうれしかったですし、また携わることができたので、非常にワクワクしながら作らせていただきました」と、その喜びをにじませた。『まだスイミー』は、ドラマの放送時期に合わせて歌詞の季語を秋に変えるなどされ、『クラムボン』のmitoがサウンドアレンジを担当するという。

 

 ELTでやって欲しい

13年の時を経ての再タッグにファンは感動。ネット上では、

《めっちゃ楽しみ》
《ドラマもモッチーの歌も楽しみにしとこう!》

などといった声が上がっているが、一方で、

《Every Little Thingとして新曲を出してほしかったなあ》
《いっくん含めてのELTで歌わないのね》
《いっくん最近テレビに出てたけど痩せていて不安になった》
《ELTは動けない状態なの?》
《ELTとしてアレンジし直せばいいじゃんかー》
《なぜELTじゃないのか もうELTは終わってしまったのか》

など、〝いっくん〟こと伊藤一朗と持田香織で構成されるユニット『Every Little Thing』ではないことに不満を持つ声も多く上がっている。

「ELTは8月28日に23周年ライブをやったばかりで、脱退した元メンバー・五十嵐充も参加するなど、グループの仲の良さが際立っていました。ライブ中には持田が『いい曲がたくさんあるなぁと』『大事にしていきたい』とも語っており、解散などはありえないでしょう。しかし、ELTとしてのシングルは16年以来制作されていない状態。最近では伊藤の激ヤセも心配されており、昔のように活発な活動はできないのかもしれません」(芸能記者)

エイベックス・マネジメント学園の教頭でもある伊藤。忙しさは想像以上のようだ。

 

【あわせて読みたい】