吉田羊に風評被害!? 松岡茉優が“嫌いな女優”告白で思わぬ余波…

吉田羊 

(C)まいじつ 

9月21日放送の『おかべろ』(関西テレビ)に女優の松岡茉優が出演。〝嫌いな女優〟について語ったところ、なぜか吉田羊に対して風評被害が出てしまった。

松岡はMCの『ナインティナイン』岡村隆史から嫌いな女優について聞かれると、中打ち(中盤の打ち上げ)で先輩女優から「この役どういうふうに捉えてる?」「何か思ってたのと違うよね」「もっとやってくれる人だと思ってたから、ちょっと残念というか…」などと嫌味を吐かれたことを告白。このエピソードには岡村も驚いたのだが、松岡は「私はその人のことを尊敬してなかったから、聞かなかった。あなたに言われることはない」と、ケロっとした様子だった。

番組ではもちろん、この〝嫌いな女優〟が誰なのか明かされていないが、ネット上では有志の〝犯人特定部隊〟が即始動。すると、

《吉田羊で再生された(笑)》
《なぜかふと、吉田羊が思い浮かんだ》
《私も吉田羊で再生された》
《吉田羊っぽさがすごい》

などと、なぜか女優の吉田羊が疑われる事態になってしまった。

 

役柄のせいで疑われてしまった?

「とあるネットニュースメディアも指摘していましたが、吉田羊の可能性はないでしょう。〝中打ち〟と言っていることから、相手はドラマの共演者で、確かに松岡はドラマ『コウノドリ』(TBS系)などで吉田と共演していますが、松岡が吉田の悪口を言うとは思えない。というのも、松岡は吉田を〝大好きな先輩〟と評しており、プライベートでも親交があるほど仲が良いからです。吉田はドラマなどで強い女性を演じることが多いので、どうしてもキツイ言葉が似あってしまい、今回のような風評被害に遭ったのだと思われます」(芸能記者)

若手には面倒見がよく、スタッフにも気さくな対応をするという吉田。ドラマの役だけでキツいイメージを持たれてしまうのは、それだけ素晴らしい〝演技力〟だと言えるのだろう。

 

【あわせて読みたい】