西内まりや末期的…「性格悪そうと言われます」と“自虐”発言

西内まりや 

(C)まいじつ 

モデル、歌手、女優として人気者だった西内まりや。ここのところ仕事がなく、精神的に不安定なのか、気になる言葉を発している。

9月19日付の自身のインスタグラムで、彼女は次のような文言を掲載。

《どうも。性格が悪そう。とよく言われるまりやです。いっか。マイナスからスタートの方がいっか。》

この投稿の前後に、何か脈絡があるものは見られない。

「西内のインスタにある『性格が悪そう』というのは、心ないファンの投稿やネットの掲示板での彼女への〝たたき〟に対する抵抗みたいです。ただ、そうした雑言に反応していること自体、内心穏やかではないのでしょう。相変わらず仕事のピンチが続いているようですね」(芸能ライター)

西内のオフォシャルサイトのスケジュール欄は、すべて終わったものばかりが掲載されている。わずか1本だけ11月の仕事が書かれているが、昨年の仕事なのか、今年のものなのか判然としない。

「仕事はあっても〝一日仕事〟で、イベント関連が多いようです。外国のブランドは日本の芸能界のゴタゴタは関係ありませんから、ビジュアルの優れている西内に頼むのでしょう。でも専属モデルではなく、あくまで1回こっきりのイベントモデルです」(同・ライター)

 

まりやのぼやき節

それにしても、インスタでは『……マイナスからスタートの方がいっか。』とも書いている。これはどういうことか。

「一昨年11月、週刊誌に報じられた所属事務所とのトラブルが、全然解決の糸口がない。そのため自虐的なジョークとして〝マイナスからのスタート〟としたのだと思います。でも現状を言えば、ジョークを書いている場合ではない。自虐ってのはこれから浮上する方法があって使うもので、今後も沈みゆく可能性があるのなら〝末期の遠吠え〟です」(同)

西内は去る7月18日、ツイッターでメッセージを発し、

《日々感じている社会の理不尽なことが少しでも曇りなくなる日が来ることを願っています。皆負けるな!》

と、前事務所との軋轢が解消されていないことをうかがわせている。一向に打開しない前事務所との関係に対して、一部女性誌が彼女を直撃取材。西内は、

《……引退ですか? 少なくとも今は、引退は考えていないですね。ファンの皆さんに楽しんでいただけるようなエンターテインメントをお届けするという目標や、私自身は何も変わっていません》

などと答えている。

どうやらトラブルは、今でも尾を引いている感がアリアリ。モデル、歌手としての活動を引っ込め、フルヌードも辞さない女優として再起し、和解に向けて動くべきではないだろうか。

 

【あわせて読みたい】