宮脇咲良…もはや絶望的に「誰だか分からない」状態に

宮脇咲良 

(C)まいじつ 

『HKT48』を休業中の宮脇咲良が「誰だか分からない状態」だと評判だ。

コトの起こりは去る9月13日、現在所属する日韓ユニット『IZ*ONE』のメンバーとして日本の音楽番組に出演した際、彼女は一部ネットメディアのインタビューに応じたのだが、これが別人そのもの。完全に黒髪にして、妙に落ち着いた雰囲気。顔を見ても、名前を言われなければ分からなかったほどだ。

その後、『IZ*ONE』の公式SNSでも写真を掲載。それこそ「一体、誰!?」という急激な変貌ぶりだった。

「宮脇というと、最近は銀髪で目立っていたのですが、いきなり黒髪に変身。真っ黒と、多少茶色がかったツーバージョンがありますが、黒髪を見慣れていないせいか、彼女だと認識できないんです」(芸能ライター)

9月28日発売予定のファッション誌『NYLON JAPAN 』11月号では、グループのチャン・ウォニョンとともに表紙に登場。日本女性によく見られるわずかに茶色っぽいヘアスタイルで、これまでと違うイメージも見せている。

「13日、音楽番組『ミュージックステーション』に出演したときは圧巻でした。真っ黒の髪の毛で出演。イメージとのギャップが大き過ぎて、宮脇だとピンときた視聴者も少ないでしょう。眉毛もカラコンも黒に変えたらしく、大幅なイメチェンでした」(アイドル雑誌編集者)

 

ムリして派手目に寄せなくていい

宮脇はHKT時代、口の悪いグループメンバーから〝整形モンスター〟と揶揄されたなどと、妙なウワサが飛び交ったことがあった。するとこの9月、音楽サイト『K-POP モンスター』が、日本サードシングルとなる『Vampire』の紹介と、黒髪&黒目にした宮脇のアップを掲載。一部から〝モンスターがモンスターに載った〟とカラカイの声が伝わった。

「『K-POP モンスター』は、宣伝用のナチュラルメークの宮脇の写真を掲載。まさに〝和風美女〟のテイストで、なじみやすさも抜群。それを見ると、ムリして金や銀などにする必要もないと思いましたね」(同・編集者)

さらに14日、ゲーム好きな宮脇は『東京ゲームショウ2019』に登場。人気ゲーム「フォートナイト」をプレーし、腕前を披露した。

「ゲームにはTシャツで髪を両脇に分け、普通のメークで登壇。人目を引く美しさでオーラも十分でした。なぜ韓国では過度なメークをするのか分かりませんが、向こうのメンバーの〝整形組〟の派手メークに合わせているなら、絶対に損。宮脇というと、どうも顔が正確に認識されないところがあり、もったいない話です」(前出のアイドルライター)

朱に交われば赤くなるのかもしれないが、宮脇は自分の〝潜在能力〟をもっと信じるべきだろう。

 

【あわせて読みたい】