引退から1年…“安室奈美恵商法”に呆れ声「金のニオい」「ガッカリだ」

安室奈美恵 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

1年前、惜しまれつつ芸能界を引退した元歌手の安室奈美恵さん。彼女が発売した全シングルのジャケット写真が東京・渋谷駅前に〝ジャック〟される催しが行われているのだが、ファンたちの感涙をよそに、ネット上では呆れ声が噴出しているという。

同イベントは9月28日まで行われている期間限定のもの。安室さんがデビューしてから25年間の歌手活動の中で発売された全シングル曲のジャケット写真が、渋谷センター街に掲出されている。また、街のBGMも安室さんの楽曲が流れ、かつて〝アムラー〟が生息した渋谷が再び〝安室一色〟となっているようだ。

そして、渋谷駅前のスクランブル交差点を囲む6つの巨大屋外ビジョンモニターでは、6面同時に安室さんのCM映像が放映され、渋谷駅の利用客は目からも耳からも〝安室不可避〟状態の様相。実はこの試みは、LINEミュージックやYouTubeミュージックなど、主要ストリーミング各社から安室さんの全楽曲の配信がスタートされたことを宣伝するもの。〝アムラー〟の聖地・渋谷には、CDではなくデータで音楽を聴いている若者が多くいることを見越してのCM戦略のようだ。

 

本人の露出ゼロなのに凄い露出感

このイベントについて、ファンからは、

《渋谷がまた奈美恵ちゃんであふれているのがうれし過ぎて涙あふれそうになりました》
《今日早速見てきました!》
《現役のころと同じように街に安室ちゃんがいるんだって思うと それだけでうれしい…》

などと、感慨深く思っているコメントが多く寄せられている。一方で、ネット掲示板では、引退したにもかかわらず、いまだメディア露出している現状に対して、

《引退したのに引退してないみたい》
《すごいけど、なんで今さら?》
《え、これからデビューすんの? って感じ》
《金もうけのニオいがして何か嫌》
《こんなことすると安っぽくなってくるわ》
《こんなの本人も了承してるわけだよね ガッカリだわ しょせんしがみついてるのと同じこと》
《やめるやめる詐欺って言われるぞ…》

などと、引退の意味を問う声も続出している。

「引退後、〝けじめ〟をつけるためにも表舞台には一切姿を現していない安室さん。それは、かつての伝説のアイドル・山口百恵さんのような潔さですが、本人の露出はゼロなのに外野が大騒ぎ。そして、今回のイベントや『安室奈美恵の日』の申請騒動などから、安室さんが〝名前で金稼ぎ〟しているとも邪推されています」(芸能ライター)

果たして、安室さんは今どこで、何を思っているのだろうか…。

 

【あわせて読みたい】