「ネッシーはいなかった…」最終結論の2週間後に現れた首長竜に仰天!

(C)Eseniy / Shutterstock

去る9月2日、英北部スコットランドのネス湖に「ネッシーはいなかった」という結論が、ついに出てしまった。ニュージーランド・オタゴ大学のニール・ゲメル教授らのチームがネス湖の250カ所から水を採取。水に溶け込んだ生物の皮膚、ウロコ、糞、血などの〝環境DNA〟を分析した結果を発表したのだ。

ゲメル教授は「首長竜に関連する海洋爬虫類などのDNAは見つかりませんでした。サメやナマズ、チョウザメのDNAもありませんでした。ウナギのDNAは豊富にありました。つまり、ネス湖の怪物は巨大なウナギかもしれません」と、ネッシー=巨大ウナギという仮説を導き出した。

世界中のUMAファンはこの報にさぞガッカリしたと思いきや、「ネッシーはUMAなのだから、DNAを持っていないのかもしれない」などと自分たちに言い聞かせているようだ。

 

驚きの結末が…

そんな中、9月16日に〝中国版ネッシー〟として騒がれた映像が出てきた。ネッシーに似た首長竜のようなものが中国の長江を泳ぐ動画だ。

UMAマニアは歓喜した。

「ネス湖にネッシーのDNAがなかったという失望させる報道の後に、この動画が出てきました。マニアたちは、『古代の海竜の生き残りなのか』それとも、『川の汚染から生まれた突然変異の怪物なのか』と大興奮しました」(オカルトライター)

動画は約15秒。濁った長江の表層を20メートルほどのヘビのような長いものがうねうねと泳いでいる。かなり濁っているので、水面下には首長竜のような胴体があるのかもしれないと思わせる。

ところが、この後、フェリー会社の職員がこの〝中国版ネッシー〟を〝捕獲〟したという。

「動画が撮影された場所の下流にあるフェリー桟橋で、労働者がそれを捕まえたのです。造船所から廃棄された長さ20メートルの産業用エアバッグでした。ネス湖のネッシー不在証明に加え、長江のネッシーがエアバッグだったなんて…今年は最悪の年ですよ。ただ、どこかに、まだ見ぬUMAが必ず存在してくれているはずです」(同・ライター)

希望を持ち続けることは大事なことだ。

 

【画像】

Eseniy / Shutterstock

【あわせて読みたい】