加藤綾子“初めての交際報道”にマスコミ関係者が半信半疑の理由

加藤綾子 

(C)まいじつ 

〝カトパン〟こと加藤綾子の交際が、週刊誌B誌のスクープにより発覚した。しかし、この〝初交際報道〟には多くのマスコミが半信半疑だという。

「2008年にフジテレビ入社し、フリーに転身後まで一度も交際報道なし。それなのに、はじめて出た相手があまりに小物過ぎて、誰もがビックリしています。彼女ならまず出てくるのは大物野球選手と思われていましたし、あるいは大物俳優だったかもしれない。また政治家や会社社長も想定されました。相手の名前を聞いても『そいつ誰!?』という感じでしょう」(女子アナライター)

加藤とはすでに二度、極秘にヨーロッパ旅行もしているという。

「今回の交際報道が出た時点で、番組で共演していたフリーアナの宮根誠司が『ホンマ!?』とメールすると『認めちゃいました』とカトパンから返答があったとか。宮根も意外だったみたいです」(同・ライター)

もっとも今回の報道がB誌だったこともあり、信ぴょう性イマイチと見る向きも多い。

「以前、カトパンとダルビッシュ有との密会を報じた〝前科〟があるB誌です。関係者なら2人の交際など絶対にないことは分かっていました。理由はそれこそ活字にできないことですが、みんな知っていた話。いまだに今回の引き合いとしてダルの話を書いた芸能サイトもありますが、知らなさ過ぎ」(週刊誌記者)

 

視聴率がようやく上向いて来たところだが…

加藤といえば、交際を申し込んでいた明石家さんまに対し、昨年9月、「交際は無理です」と正式に断ったことも漏れ伝わっている。

「さんまは『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)で、いまだ共演していて諦めていない。今回の報道には激怒しているといいます。今後、モメるかもしれません」(同・記者)

現在、加藤はフジテレビの夕方ニュース『Live News it!』のMCとして出演中。4月にスタート以来低迷していたが、最近ようやく視聴率がアップ。上昇機運に乗りつつある。

「今回の交際報道で、せっかく付きはじめたファンは逃げるでしょう。交際についてフジテレビは情報番組で多少触れただけで、沈黙。また、女性週刊誌は2人の過去をほじくり出し〝埼玉の不良同士〟などと報じています。前途多難でしょうね」(芸能ライター)

何はともあれ、加藤の末永い幸せを祈りたいものだ。

 

【あわせて読みたい】