美女ユーチューバー“クイズ番組”で赤っ恥! 芸能人との差歴然…

(C)DK samco / Shutterstock

インテリ美女ユーチューバーとして一部ネット界隈での神格化を受けている「ゆきりぬ」が、9月25日放送の『祝50周年 ザ・タイムショック 令和最初の最強クイズ王決定戦』(テレビ朝日系)に出演。しかし、1回戦のクイズ序盤で早々に敗退してしまい、ネット上には落胆が広がっていった。

放送50周年と新元号最初の放送を記念し、頭脳自慢の芸能人・著名人がクイズ対決を繰り広げていった今回の放送。横浜国立大学出身のゆきりぬは、やくみつる・宮崎美子・カズレーザーといったインテリタレントから、現役の弁護士でもある本村健太郎まで、そうそうたる顔ぶれに交ざって戦っていくことになった。

1回戦で行われたのは、対戦者のどちらかが2問間違えるまで続いていく「2人同時エンドレスタイムショック」という一問一答形式のクイズ。序盤から本村vsやくといった名カードが繰り広げられていき、ゆきりぬは東大合格を目指して勉強を続けている『オードリー』春日俊彰と対戦した。

 

しょせんユーチューバーは一般人という冷めた声

現役の受験生ということもあってか頭の回転が早く、落ち着いた様子で堂々とした回答を見せる春日。一方、ゆきりぬは「えっ? えっ?」とたびたびパニック気味になり、4問目の「『木嶋真優』に『高嶋ちさ子』演奏する楽器は?」と、6問目の「温泉地の『別府』に『由布院』ここは何県?」を間違えて早々に対戦は終了してしまった。

他の1回戦対決が10問前後続いたのに対し、わずか6問での終了という派手な〝即死〟を決めてしまったゆきりぬ。また、終了後には「頭真っ白になっちゃって…」とコメントし、大勢の出演者や大掛かりなセットに緊張した様子も明らかにしている。すると、ネット上には、

《ゆきりぬやっぱ弱いよなー》
《なぜクイズ番組に出る 鍛えよ!》
《即死なのやばいだろ》
《ゆきりぬもうクイズ番組出んなwwww》
《テレビのプレッシャーに圧倒されたか》
《芸能人がどんだけプレッシャーに強いか分かる》
《ゆきりぬさん見掛けるクイズ番組全部でありえんくらい答えられてないけどなぜ呼ばれんの》

などといった感想が続出。緊張から芸能人にボロ負けしたことで、一般人同然のユーチューバーと芸能人の差を見せつけてしまったようだ。

もし番組が次回も同じカテゴリーを呼ぶのなら、頭脳比べに長けているクイズ系ユーチューバーにオファーした方が良さそうだ。

 

【画像】

DK samco / Shutterstock

【あわせて読みたい】